2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015'03.10 (Tue)

梅吉

柴犬の梅吉が亡くなりました。
自宅から逸走して間もなく交通事故にあい、1人で逝ってしまいました。

去年、梅の咲く頃にセンターから引き出し、ちょうど1年です。
何のための1年だったのか?と、虚しくやりきれない思いです。
そしてあのかわいい柴犬の梅吉が、もうこの世にいないのかと思うと
せつなく辛く、悲しくてしょうがありません。

譲渡から7カ月、飼い主はもう大丈夫、と気が緩んでいたのかもしれません。
悔やみ、嘆き、悲しみ、梅吉とママに何度も詫びておられましたが
もう、どうやっても梅吉が生き返ることはありません。

ママ自身にも、悔やまれることがあります。
そもそも、ママが引き出し、預かり、譲渡しました。
どの時点に戻れば、このようなことにならなかったのか?とずっと考えています。
まだ若く健康で性質もとてもよく、皆に愛された梅吉が
なぜこんなに早く死ななくてはいけなかったのか?
このことに何の意味があるのか?何の、誰に対する罰なのか?
悪いのが梅吉でないことだけは確かです。
でも、どんなに悔やんでも謝っても、梅吉とやり直すことはもうできません。
梅吉に謝りたいのに、謝ることもできません。


せめてもの救いは、通りすがりの女性の親切のおかげで
梅吉が家に帰ることができたことです。
それから・・・
譲渡からの7カ月間、梅吉は本当にとてもとてもかわいがってもらっていました。
その7か月間が、梅吉の人生で一番幸せだったことは間違いありません。

ママとパパは梅吉宅に行き、最後のお別れをしてきました。
外傷は一つもなく、美しいままの梅吉は、まるで眠っているようでした。
もう煙になって空を駆け抜け、今頃は虹の橋で遊んでいることと思います。


可愛くて良い子の柴犬、梅吉がいたことを覚えていてください。
どうか、梅吉の冥福をお祈りください。

umep.jpg

梅吉を応援してくださっていた方々へ・・・
本当に申し訳ありませんでした。

そして、これを読んでくださったあなたの愛犬には・・・
逸走に対する十二分の警戒と対策を。
それでも逸走してしまったことを想定し、呼び戻しの徹底を。
そして名札の着用を。


ブログはしばらくお休みしますが、これはティオボンの記録ですから
気持ちが落ち着いたら再開します。
ティオボンも、そして善吉も元気にしています。


10:40  |  保護犬たち  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。