2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015'02.08 (Sun)

僕ちゃんと善ちゃんも・・・

こんばん~WAN!

最近、僕ちゃんと善ちゃんも良い感じというか、変な感じというか
ちょっと違う感じになってきました。

15051.jpg

善ちゃんがちょろつくボンボンが気になってしょうがないのは前からでしたが・・・

15052.jpg

ボンボンが追われるだけでキレキレだったのも前からでしたが・・・

15053.jpg

最近は、後ろにつかれたボンボンがキレて跳びかかると・・・

15054.jpg

善ちゃんはすぐに伏せて、遊びましょ♪状態になる。
・・・のもちょっと前からでしたが、この後がちょっと違うんです。

ちょっと違うところの写真はないんですけど、ボンボンも遊んでいるような
叱っているような、でもちょっと遊んでいるような感じなんです。
伏せて首フラフラお口パクパクしている善ちゃんの側を離れず
右から左から頭を抑えたり、前から後ろから肩を抑えたりしてるの。
男子2名は、そんなことを一日に何度もやってるんですよ。

大きさが合えば、おそらくプロレスごっこになるんでしょうが
お互いに「あれ?何かうまくいかないな?」って感じなのかも。

ところで、何でその写真がないかと言えば
ママが見ているのに気が付くと・・・

15055.jpg

僕ちゃんがすぐにかしこまっちゃうから。
ママの視線を意識できるくらいだから、ボンボンは余裕があるんです。
やっぱりどうやら2人は遊んでいるようです。

しかし・・・

15056.jpg

これはアウト。
善ちゃんが立ったままで手をかけるのはアウトで僕ちゃんマジギレです。
ギャァギャァうるさいので、ママが介入します。
すると・・・

15057.jpg

いつものガジガジうっぷん発散行為。
でもね・・・

15058.jpg

叱られるのはもうよくわかっていますから、ママをチラ見してるの。
気を引くのが上手になりましたよ。
お兄さんになりましたよ。

善ちゃんはもともとボンボンに逆らう気は全くありませんでしたが
お兄さんになって上手に力加減ができるようになり、
それがボンボンにも伝わったのかな。
善ちゃんにとっては超物足りない遊びでしょうが、
ちょっとはワンコ遊びの気分を味わえているといいな。



お・ま・け お暇な方だけお読み下さいませ。
そして何か思いついたこと、アドバイスなどがありましたら、教えて下さいませ。
zen166.jpg

先日のおやつタイムの時のこと。
(ママは食べるのがめっちゃ遅い善ちゃんに付き添っていました)

一番に食べ終わったティオは、のんびり食べている善ちゃんを見に来ました。
すると善ちゃんは、顔は下げたままですが、太く低く、はっきりと唸りました。
家の中で唸り声を聞いたのは初めてです。

人の気持ちはよく読むが、ワンコの気持ちはサッパリ読まないティオは
唸られても気にしていませんでしたが、ママがすぐに離れさせました。
ちなみにティオは見るだけで、人のおやつは絶対に奪ったりしません。

次に食べ終わったボンボンも見に来ました。動きが地味で素早いため
あっという間に善ちゃんのお顔の真ん前にいましたが、
善ちゃんは急いでおやつを咥えて、場所を変えようとしただけ。
全く唸りませんでした。
ちなみにボンボンは、人のおやつを奪ったりできそうなら奪ったりします。

お散歩中の善ちゃんは・・・
自分より小さなワンコに売られたケンカは絶対に買いませんが、
大きさや力が対等に近い場合には、買う気ありあり。
それと一緒なのか?
ティオには奪われる危機を感じたが、ボンボンには感じなかっただけなのか?
それともやっぱり上下関係の問題なのか?
何なのか~???

ティオボンの間には確実に
ティオがお姉さん、ボンボンが弟という関係が成り立っています。
なので・・・
ティオ>ボンボン
しかし・・・
ティオ<善吉?
そして・・・
善吉<ボンボン?!
う~ん、わからん。

どのワンコたちの関係をとっても、いつでもどこでも明確に
「上・下」という関係が固定されている訳ではないとは思いますが
ティオ・ボン・善の関係はどうなっているのだろうか???
最近ますます人間化しているティオと元祖意味不明男ボンボンについて
ごく真っ当でまともな善ちゃんは、どういう判断をしたのか?
ママはどういう風に接するべきなのか?

でもね、3人はけっこうまとまってきましたよ。
善ちゃんは滞在6か月を過ぎ、ちょい変一家ティオ松家に馴染んできちゃってます。
それってやばいんじゃない?チョイ変ワンコになっちゃうんじゃない?

真っ当でまともなご家庭、優しいご家族からの、ご応募お待ちしております~。


善吉くんの預かり日記は☆コチラ☆です。みてみてみてみてね。


perr dogs homeでは、たくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてくださいね♪
21:49  |  ボンボン  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2015年02月12日(木) 15:04 |  | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2015年02月12日(木) 19:25 |  | コメント編集

★No title

鍵コメさん☆

どうもありがとうございます!本当にとっても嬉しいコメントでした^^
善ちゃんと重なる部分が多く、とても参考になります!

和犬を預かるようになってから、和犬・洋犬の違いというものを感じています。
ものすごくざっくり言えば、常に人間がリードしてあげた方が安心していられるのが洋犬、わが道を行く和犬の場合は、その道に寄り添い、たまに軌道修正させていただく、という感じでしょうか。
だから犬同士の関係においても、洋犬の場合には飼い主がお膳立てしてあげられる部分が大きいのですが、和犬の場合には本犬が納得しないとダメなような気がします。
むしろその方が自然なんでしょうね。
私は和犬の「犬らしい律儀さ」というようなものがたまらなく愛おしいです。

善ちゃんは保護犬なので、どのようなお家にもらわれていくのが一番良いのかということをいつも考えています。
この子はどういう子なのか?どういう扱いがふさわしいのか?本犬はどうしたいと思っているのか?ということにいつも頭を悩ませています(実は楽しんでいる^^)。
しかし、実はそれよりも、それはティオボンにとってストレスにならないか?ということを優先させています。
ティオボンを迎えた後に預かりを始めたということと、ティオボンは文句は垂れますが預かり犬に直接攻撃するようなことは決してないので、2匹に対して申し訳ない気持ちが常にあり、私のそういうグラグラ揺れる気持ちが返ってややこしくさせているところもあるのだと反省しています。

善ちゃんがわが家で間違った犬関係を覚えてしまわないかとちょっと心配・・・と言いつつ、何と言っても我が道を行く和犬善吉ですから、良くも悪くもわが家の影響など受けないのではないかな?と密かに思っています。
なるべくありのままの、素直で穏やかで犬らしい善吉のままで新しいお家に送り出せるよう(予定は全くありませんが^^;)、これからも頑張りたいと思います。というか、楽しみたいと思います。
これからも応援、よろしくお願いいたします!
ティオ松 | 2015年02月12日(木) 21:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。