2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014'07.20 (Sun)

梅ちゃんおめでとうスペシャル!

おはよ~WAN!

昨日のお散歩の時のこと。
前に1歳くらいの男の子、後ろに3歳くらいの女の子を乗せて
自転車をせっせとこいでいる頑張る若いママさんがいました。
通り過ぎる時に、ママさんが「帰ったらご飯にする?お風呂にする?」
女の子が「うーん、ご飯がいいんじゃない?」という会話が聞こえました。
ただそれだけのことなのに、ママは何だか涙が出そうになっちゃいましたよ。
心が弱ってる時はダメね。
いや、別にママの心はとっても元気なんですけど、ちょっとめでたいことがありましてね。
めでたいとまた泣けちゃうんでね。
・・・なんのこっちゃ?って?

こういうこっちゃ!


14508.jpg

わが家でお預かりしていた柴犬の梅吉くんに素敵な家族ができました!
先週からトライアルに行き、昨日無事に正式譲渡が決定いたしました。
1週間、ビビリで不器用な梅ちゃんのことをあれこれ心配していたので
ホッとするとともに、もう帰ってこないんだなぁとしみじみ思う余裕が出てきました。

梅ちゃんはママがお世話する初めての柴犬でした。
梅の花の咲く頃、わが家にやってきた梅ちゃんは・・・

14512.jpg

そりゃぁもうかわいくて、四方八方すべてかわいくてビックラこいたものです。
大変失礼な話なんですが、それまで柴犬を選ぶ人は特に犬種へのこだわりがなく
犬=柴犬みたいな感覚で何となく一緒にいるのかしら?なんて思ってたんです。
本当に失礼な話なんですけど。
ママの中では犬=柴犬というような図式が何となくあったもので。
しか~し!
とんでもなかった!!

14509.jpg

梅ちゃんが家の中をコロコロと歩く、それだけで悶絶。
梅ちゃんがケージの中でフセしている、それだけでウットリ。
まず容姿の可愛さ愛らしさに、ビックリするとともに完全ノックアウトされました。
今までお散歩で出会う柴ちゃん達のどこを見てたのかしら?ママって馬鹿?
というくらい、それは新鮮な驚きでした。

でも実は・・・

14486_20140720082809aa1.jpg

最初の2週間くらいは、ちょっと怖い子なのかな?と思っていました。
怖い?じゃなくて、怖いのかな?という感じ。
実際には怖いと感じるような出来事はちっともなかったし
梅ちゃんはいつも穏やかな空気を醸し出していたんですが
ポーカーフェイスでじっとこちらを観察している様子はいかにも賢そうで
何かをジャッジしているようにも見えて、間違ったら罰が下されちゃうような
雰囲気に読み取れなくもない感じがしなくもないって感じだったのです。

つまり何かの拍子にガブッとくるんじゃないか?という恐れがほんの少しありました。
以前、ティオがスーッとやってきた柴犬に突然ガブッとやられたことがあり
柴犬の前触れのないガブっ!を見たこともあったのでね。2回もね。
ママは噛まれてもいいやと思っていましたが、梅ちゃんに噛ませたくなかったし
それからチビのボンボンがやられたら困るので、ひそかに警戒していました。
結局、そんな心配・警戒は全く必要がなかったんですけどね。

14507.jpg

梅ちゃんは見た目の通り、素直で穏やかで、愛情深い男の子でした。
誰にでも体当たりで好き好き大好き!とやるティオの対極というような
でもボンボンのようにとりあえず不信感から入るというようなことはなく
梅ちゃんは徐々に人に近づき、そっと触れる。
段階を踏んで少しずつ心を開き、だんだん好きになっていくというような
梅ちゃんの奥ゆかしい愛情のあり方は、好ましくて好ましくて
体当たりで好き好き大好き!とやりたい衝動を堪えるのに苦労しました。

14505.jpg

梅ちゃんと見つめ合うことの幸福感と言ったら、言ったら、言ったら・・・
なんと言ったらいいのかわからないけど、とにかくものすごいんです。
すべてを許されているような、包み込まれているような・・・
実際には臆病な小さな男の子なのに、その抱擁感といったらものすごい!
それはなぜ?なぜなの?教えて梅ちゃん!と壁に頭を叩きつけて叫びたくなるほど。

最近預かりっ子にはほとんど興味を示さないパパも・・・

14511.jpg

梅ちゃんの抱擁感をこっそり堪能していたことを、ママは知っています。

普段はおっとり構え、しっとり甘えるという感じの梅ちゃんですが
遊びモードになると・・・

14510.jpg

若いというより幼い弾け方をして、大いに楽しませてくれました。
後ろ足でステップを踏みながら両手をチョイチョイして、ママの手をカプカプ。
これを見て人は悶絶せずにいられましょうか?いえ、いられません。
またその盛り上がりのタイミングが面白くてね。
何の前触れも感じさせず、ふわっと盛り上がり、突如下がる。
こっちをその気にさせといて~ん♡と言いたくなるような、引き際の見事さ。

4か月一緒に暮らしましたが、梅ちゃんについてはまだまだ謎がいっぱいです。
「わからない」というのは、最大の魅力ではないでしょうか?
もっと知りたい、もっとわかり合いたいというママの気持ちは宙ぶらりんのまま。
こっちをその気にさせといて~ん♡

梅ちゃんとティオは・・・

14465_20140720082915765.jpg

こんな感じ。
こんな感じとは、お互い特に干渉せず、警戒もせず、頼りにもせず、影響もされない。
預かりっ子はたいていティオボンのどちらかに傾倒していくというか
頼ったり、影響されされたりするのですが、梅ちゃんはそういうことはありませんでした。

ボンボンとは・・・

14253.jpg

何度かプロレスごっこをして遊びましたが、仲良しということはない。
不思議君ボンボンと謎の男梅ちゃんの関係は、ママには到底理解できません。

でもティオボン梅でケンカは一度もなかったので、お互いちゃんと気を使っていたのでしょう。

14506.jpg

梅ちゃんはワンコに対してもそうですが、特に人に対しては
常に正しく「わきまえている」子です。わきまえ過ぎてママには切ない程。
でも、わきまえることで梅ちゃん自身も落ち着くことができたのかな?なんて思ったり。
やっぱり日本の犬・柴犬は大したもんじゃい!素晴らしきもんじゃい!と感心したり。

ママにはわからないことだらけの梅ちゃんですが、
素晴らしいワンコ、最高の愛犬だということだけは、よーくわかりました。
本当に素敵な子でした。

梅ちゃんはワンニャン人がたくさんいる大家族の末っ子として、楽しく頑張っています。
名前は梅吉のままです。
トライアルが始まる時にすでに・・・

um140.jpg

こんなにかっこいい名前入りカラーを用意してくださっていました。
このカラーが不要になったら(出戻ってきたら)どうしようと心配していましたが
ビビリで不器用な梅ちゃんを丸ごと受け入れ、かわいがり、
そしてご家族みなさんで楽しんでくれているようです。

梅ちゃん、おめでとう!
おめでとう!おめでと~~~~~!!!
元気で楽しくいっぱい愛されて、たくさんたくさん幸せになるんだぞ!
たまにはわきまえずに弾けちゃったりするんだぞ!
頑張れ、頑張れ、フレフレ梅ちゃん!

梅ちゃんを応援してくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました。


お・ま・け ゲーリー梅
梅ちゃんはトライアル開始予定直前にひどい下痢になりまして、トライアルは延期。
3日間、断続的に下痢嘔吐オモラシ。
これまで多くのゲーリーに立ち向かってきましたが、過去最高かも。
大型犬のそれはある程度予測がついたり、ワンコが時と場所を考えてくれたりしましたし
小型犬は本犬には大事でも、量の問題で大したことではなかったり。

梅ちゃんのは予測不可能で、しかもため込む性質なので、大型犬並に大量!
ケージのスノコとその下のトレイはもちろんのこと、どうやら外に出したかったようで
ケージの柵と横の壁にもこんもりべっとりアレが。
さらに脚を上げてシャーシャーした形跡もあり、アレの上からソレも。
ケージを掃除している間にも、家のそこかしこでアレやソレや、お口からナニも。
それはまるで・・・「ゲロゲーリの海で漂流しました」というような。
または「ゲリゲーローの森で遭難しました」というような。

漂流と遭難の掃除を終え、ふと見回すと梅ちゃんがいない!
あれれ~、梅~?どこ~?と探すと・・・

14485_20140720082911993.jpg

こんなところで申し訳なさそうなお顔をして凹んでいました。
ここはいつもティオボンに邪魔されずに梅ちゃんがママに甘える場所。
も~~!梅ちゃん、愛おしい!!!!と思うと同時に、
ちょっとはママを頼りにしてくれてるのかな、なんて思った瞬間でした。

梅ちゃんは手のかからないとっても良い子でしたが
最後に大きな思い出を残してくれましたよ。
ママはこの先、ゲーリーと聞けばいつも梅ちゃんを思い出すことでしょう。

※原因は変わりませんでしたが、病院でお注射とお薬をもらい
すっかり完治してピカピカウンチになってから、トライアルに臨みました。



perro dogs homeでは、まだたくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてくださいね♪

08:58  |  保護犬たち  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

良かったですね。
こんなにルックスも良くて、性格も良い子が幸せにならないのは
おかしいです。

幸せになってね、梅ちゃん。
ターミ姉ちゃん | 2014年07月20日(日) 12:02 | URL | コメント編集

ターミ姉ちゃんさん☆

どうもありがとうございます!
どこから見てもかわいくて、どこをとっても優等生。
胸をはって堂々と幸せになってもらいたいと思っています^^
ティオ松 | 2014年07月22日(火) 09:00 | URL | コメント編集

梅ちゃん、ティオ松さん、おめでとうございます!
読むうちに笑いながら涙が出ちゃいました。
お名前入りのカラーまで用意してくださるなんて、とっても優しい素敵なご家族なのでしょうね。
…そうそう、私もワンコたちが可愛くて可愛くて、どうしたらいいの~っ!と毎日思いますけれど、お互いに壁に頭を叩きつけて叫ばないように気をつけましょうネ。
梅ちゃん、ず~っと幸せにね(^o^)
ころはる | 2014年07月22日(火) 10:04 | URL | コメント編集

ころはるさん☆

どうもありがとうございます!
梅ちゃんのトライアルが延期になった時に「梅吉君以外の犬は全く考えていませんから、彼の気が済むまでそちらに置いてあげてください。いつまでも待ちます」と言って頂けたんです。
それを聞いて、あぁ、梅ちゃんは幸せになる!とほぼ確信しました^^

柴犬の魅力に完全覚醒しましたが、慎ましい柴犬の魅力はもっと掘ればどんどん出てくるはず!と思っています。
いつかまた、梅ちゃんみたいなかわいい柴っ子を預かりたいな~^^
ティオ松 | 2014年07月22日(火) 22:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。