2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014'06.10 (Tue)

夏の風物詩と歯。そして毛。

こんにち~WAN!

梅ちゃんの換毛期が終わったと思ったら、今度はティオが始まりました。
ジャンジャン抜けてます。ブワブワ舞ってます。
外に出ると「あぁ、空気がきれいだ~」と思います。
でも外は雨がジャンジャン降ってます。ブワブワ蒸してます。
どこにいてもジャンジャンブワブワな今日この頃・・・


おくびさん、はじめました!

14400.jpg

わが家の夏の風物詩、保冷剤入りてぬぐい巻・ティオの「おくびさん」。
いつも裸ん坊のティオが柄物てぬぐいを巻いただけでも何だか新鮮。
そして・・・何だか・・・めっちゃかわえぇ♡

てぬぐいは首の後ろで結ぶのですが、結び目はいつのまにか横に来ています。
そうすると・・・

14401.jpg

やだ!スチュワーデスさんみたいじゃないの!!
も~~、ティーちゃんたら何しちゃってんの?かっわえぇわねぇ!!
ん~♡chu♡chu♡・・・という具合で、ママは巻いたり結んだり褒めたり感動したり
ブッチュゥしたり、それを嫌がられたりと、まっこと忙しいのです。

ところで、寄る年波のせいなのか、お散歩後のクールダウンが
ティオだけなかなかうまくできません。
なので、今年は・・・

14397.jpg

腋の下や耳の間(?)に保冷剤を当てる作業も増えました。
ママ、まっことまっこと忙し~。

そんな忙しさの合間をぬって、ティオボンの歯の写真を撮ることにしました。
なぜなら、なんとなく撮ってみたかったから。

まずは何でも一番、ティオさーん。

14418.jpg

口臭ほとんどなし。歯茎の状態は良好。前歯は真っ白。
でも一番奥の歯にはけっこう歯石あり。

ティオの口周りはラブラドールにはちょっと物足りないくらいですが
タルタルして、プヨプヨして、あんまり感度が良さそうには思えませんが
ティオは口周りを触られるのが好きじゃありません。
なので、マズルを押えるママの手をビシバシバンバン叩いてました。
しかしママはかまわず、口の中までレンズを入れて撮ったんですが
息で曇って画像はマッチロケでしたよ。

さて、お次はボンちくーん!

14419.jpg

前歯はまぁまぁ白い。でも奥の方にはかなり歯石がたまってます。
口臭は・・・キツイ。歯茎は・・・痩せ過ぎ。
保護当時のボンボンの歯は、歯石で覆われていて全く見えませんでした。
そのせいなのか、歯茎がすごく痩せていて
どの歯もいつ抜けてもおかしくないくらいに、むき出しになっちゃってます。

元預かりっ子シュナ・てんてんとタケちゃんも歯と歯茎の状態が良くありませんでした。
シュナは歯が弱いのかな?どうなのかな?
生まれた時からずっと健全な環境で適切なケアをしているシュナなら問題ないのかな。

とっても丈夫なボンボンですが、お口の健康だけは要注意なのです。

ちなみに梅ちゃんはマズルを掴んだり、くちびるをめくるのは
嫌々ながらも抵抗せずにやらせてくれるんですが
写真撮影は絶対不可だそうです。カメラを出すと必死で抵抗するので断念。
画像なしですが、歯はほぼ真っ白。歯茎の状態良好。口臭なし!

口の中画像の変わりと言ってはなんですが、かわえぇ寝姿を・・・

um125.jpg

顎の下のオテテがかわえぇでしょう♡
この型に決まるまで、手の位置をちょこちょこ動かして検討してたんですよ。
こっちか?こうか?いや、やっぱこの辺りか。なんていろいろ検討してたの。
ママはそれをずっと見てたの。
も~~!梅ちゃん、かわえぇことばっかりするのよしてくれないかしらん。
ママはまっこと忙しいんだから、ずっと梅ちゃんを見てる訳にはいかないのよ。



お・ま・け 東西犬毛事情について
ume29.jpg

THE和犬・柴犬の梅吉くんは本当に日本の気候にあった体をしているなぁと
しみじみつくづく感心しています。
梅雨入り前にアンダーコートは全部抜けました。
それはもう淋しいくらいにスッカスカで地肌が見えるくらい薄毛になりました。
夏は快適だろうなと思っていましたが、梅雨にも大変適していることが判明。
全身びしょ濡れになるほど雨にあたっても、タオルでゴシゴシゴシゴシすれば
すぐにパリッとスカっとドライになるのです!
アンダーコートがいつまでも湿って体が蒸れて皮膚病になるなんて心配はなさそう。

イギリス産のティオは、やはり日本の気候には不適合だなぁと
梅ちゃんと並べてみて、改めて感じています。
まず、四季の寒暖の変化にいまいち対応していない。
え?もう抜けちゃうの?!とか、まだ抜けなくていいの?なんて思うことしばしば。
換毛期とは別にダラダラと一年中抜け続けるのは、
冷暖房完備の室内で暮らしているからだけとは言えない感じだし。
日本の四季情報がティオのDNAに組み込まれている訳がないから
ティオ及び、日本の洋犬たちは大変だね。

ボンボンはうっかり八兵衛ことママルガリータさんがコントロールしてるから
それはそれで大変だけどね。


ところで、アフガンハウンドは一生のうちに何回か換毛期が来るとか来ないとか。
うろ覚えなのに、調べ直す作業を厭う。それがママ。ものぐさママ。
アフガンは、確か砂漠の犬ですよね。
DNAにどんな情報が組み込まれているのか、気になる~。
「日中かなり暑い。でも夜めっちゃ寒い。紫外線強烈。ラクダかわいい」とか?
その情報をもとに、どういう換毛システムが構築されるのか、気になる~。

・・・ママは気になる気になる~と言い続けて老い、そして死んでしまうんだろうな。
ものぐさ者の悲哀。この世の未練。ウラメシヤ。ナンノコッチャ?
どなたか知っている方、教えてくださいまし。



梅吉くんの預かり日記は☆コチラ☆です。みてみてみてみてね。


perro dogs homeでは、たくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてくださいね♪




保護犬のことをもっと知ってもらいたいなぁと、参加してみることにしました。
ポチっとしてくださいませ♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

こんなんもやってみたりして。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
さらにこんなんまで!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

09:45  |  ティオボン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★はじめまして!

はじめましてマロリコと言います(^^)といっても私はこっそり?ティオボンママさんの愛にあふれたブログ読ませていただいてました!我が家も4歳のミニシュナがおりますマロリーっていいます♪ティオボンママさん家はまさに我が家皆からうらやましがらてます!主人はラブラドールがほしくてほしくて、息子は柴さんほしくてほしくて!もちろんみなマロリーを溺愛してますよ~こねくりまわされてます(^^)読めば読むほど思いはつのってます(ToT)「毛」の情報はラブちゃん迎えたと設定の妄想?イメトレに役立ちました★ほんと皆かわいいですね!どうしても伝えたくてコメントしました。でわ。
マロリコ | 2014年06月10日(火) 21:20 | URL | コメント編集

マロリコさん☆

はじめまして!コメントをどうもありがとうございます^^
マロリーちゃん、かわいいお名前ですね♪

ラブ・シュナ・柴・・・3頭連れていると、あまりの犬種の見境のなさに自分で呆れています^^;
いったいどういう傾向の犬種が好きなのか?どんな寄せ集めか?何でもいいのか?
・・・私、実はけっこう何でもいいのです♡
毛が生えてワンと鳴くものならな~んでもいいのです♡

たまたま集まった3犬種ですが、うまい具合にキャラクターが全く違って、本当に面白いです。
ティオとボンボンはいろんな面が正反対。梅ちゃんは別枠という感じで、1日中犬を眺めてホクホクメロメロしています。
室内で眺めているのに一番面白いのは、ボンボン!
不思議意味不明が多くて目が離せません。
これまでの預かりっ子シュナ2頭も、すごく面白かったです。
マロリーちゃんもオモシロワンコなのかな?
ティオ松 | 2014年06月11日(水) 08:00 | URL | コメント編集

うちのマロリーはすんごくどんくさい?というかおっとりさん(笑)息子の靴下や風呂上りにはくオパンツをわざと持ち去り「とっちゃったもんね~」とくわえ息子に前に立ち遊びに誘うくせに真剣に追い回され「あわわわ~!」てなって、端に追いやられ耳ぺたんこにしてポトリとおとしかえす・・・息子をちょっとこええ仲間と認識(笑)
名前の由来が昔、アメリカのドラマでマイケルJフォックスの「ファミリータイズ」ってあってそれにでてたマイケルの妹のかわいいのにオバカで天然のマロリーていてそのこからとりました(笑)まあ見事に名前の通りに成長(^^)かわいい♪私もブログしていておもに息子のことですが、マロリーもでてたりするのでよければ見てやってください超脇役でですが「スマイルハッピーライフ」で中学受験ものとかです(^^;)
マロリコ | 2014年06月11日(水) 10:02 | URL | コメント編集

マロリコさん☆

マロリーちゃん、オトボケさんなんですね^^
以前預かった保護犬のシュナも、そしてボンボンもオトボケ度がかなーり髙いです。
周りが見えていないというか、思い込んだら一筋というようなところがおかしな行動に繋がっているように思います。
それは愛情面においても同じことが言え、私には一途で健気な深い深い愛情を見せてくれました。
逆に言うと、私以外の家族にはそうでもなかったんですけどね^^;

ラブや小さな愛玩犬のように、あけっぴろげで多彩な感情表現はなかなか見せませんが
不器用で、健気で、味わい深く、奇妙で珍妙なシュナが大好きです!!

わが家も3年前、中学受験しました。
も~二度としたくない!!生まれ変わってもしたくない!
でも娘は今、楽しそうに通学しています^^
ティオ松 | 2014年06月12日(木) 10:03 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。