2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'10.17 (Wed)

読書の秋 2012

こんばん~WAN!

秋と言えば食欲!
なんでもかんでも美味しいですよねぇ。

しか~し!
馬肥ゆる秋でもママ肥えたくない秋。ティオ肥えるべきでない秋。
ボンボンは少しなら肥えていい秋。
くま君は肥えず痩せずの現状維持の秋。
みんな秋、関係ないし。

という訳で(?)、読書の秋!
ママが読んだ犬本を紹介します♪


まずは古本屋で200円で購入した本・・・

12200.jpg


問題行動の解決法が具体例をあげてわかりやすく説明されていますが
ママが知りたいことはどうやらpart2に載っているようです。
わざわざ「吠えについて→part2、20ページ参照」とか書いてあり
買いたくなるけど、古本屋にpart2はなかった。。。

ちなみに読者(?)からの問題行動の相談に・・・
「うちの犬は車の窓から何度もとび出しました。
いつか死ぬのではないかと心配です」ってあるんですけど
それはズバリ「窓を閉めればいいんじゃね?」と思いましたよ!



お次は何かの書評で知り、図書館で予約して借りた本ですが・・・


doubutuno.jpg


すみません。
20ページくらいで挫折したので感想はありません。
そんなママから1つだけ申し上げられるとすれば、
ソファに寝っ転がって脚の間にワンコを挟んでナデナデしながら読むには難解な本です。


お次はわが心の大師匠、ムツゴロウ先生のご本です♪


innenko.jpg


この中に「臆病な犬を勇敢に育てなさい。とても素晴らしい犬になります」とありました。
その前後にいろんな話があってのお言葉ですが・・・
そうそう!きっとそう!!犬だってギャップよ、自我と苦手の克服なのよ!
努力と愛情と信頼よ!と、ママは本のむこうのムツさんに向かって叫びましたよ。
他にもママには深く頷いて納得したり、目から鱗が落ちたりすることが
いっぱい書いてありました。おススメです。


こんな本も・・・


inuno.jpg


図書館で見かけたので借りてみました。
初めの一歩としては悪くないけれど、もっと犬を理解したいと思うなら
この本を読むより、犬を見ていた方がいいかも。
なんて偉そうに言ってみたりして。


しかし、同じく図書館で借りたこちらは・・・


先読み


面白かった!
犬同士におけるボディランゲージが写真で詳しく解説されていて
へ~~こういう時はそういう気持ちだったんだぁ、でも確かにそうかも。
というようなことがいっぱいありました。
しかし四十路の頭では全く覚えきれないので
この本を持ってドッグランに行きたいなぁって感じ。
つまりガイドブック片手に美術館を回るような感じ。
そうは言っても、いくつかは頭に残り、大変ためになりました。
この本は購入する予定。(業務連絡:パパさんよろしく)


お次も図書館の本です。


犬語の教科書


ハウツー本としてこれはいい!と思ったのですが
どこがどのように良かったのか忘れました。
ママの頭、もう壊れてるから。
写真家の藤代さんの写真がとっても良かったことは覚えています。
おススメです。のはずです。

お次は小説です。


犬の人生

短編集で、ワンコの話は一つだけ。
著者のマークストランドさんという方は存じませんが
なんか村上春樹っぽいなぁって感じ。
ママ的にはワンコの話ならもっと暖かい感じがいいなぁ。

お次はワンコ本ではないのですが・・・


minami.jpg


お姉ちゃんに紹介されたティオ本♪
これはティオ松家の人間ならば読むでしょう♪
少年ティオ君が活躍する、かわいいお話でした。


お次は、ママの40歳の誕生日に親友から頂いた本です。


wanna.jpg


笑えます!
動物好きにはたまらん写真集です。
この本はけっこうヒットした「ジワジワくるシリーズ」で、ママは全部持ってます。
特に悩みも苦しみもないというのに、こんな本でさらに能天気に笑い
壊れた頭がさらに壊滅的な状態になってます。
おススメです。


最後は・・・


おいで


福島に置き去りにされた犬と猫を救う活動のレポートです。
犬猫家畜の状況については、想像通りという感じでしたが
活動している方たちの様子はママが思っていたのとちょっと違いました。
でも読後にはその方たちの気持ちを想像することができました。
やるしかないからやる、でも辛いだろうなぁと思いました。
行政との軋轢や危険などはもとより、助けられない命を見つめることが
ひどく辛いことであろうと想像しました。
もっと早くに、もっとたくさん、もっとどうにか、もっと、もっと…と思うばかりで
ママは何もしていません。



以上、2012年読書の秋に犬本紹介でした。
みなさまにもおススメの犬本がありましたら、ぜひ教えてください♪





08:54  |  犬本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。