2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.02 (Mon)

雨降りには読書

こんばん~WAN!

中学生になったお姉ちゃん、朝は早く帰りは遅く、夜は長い。
部活とお友達とおしゃれ(と勉強?恋はまだね、たぶん)に大忙しです。
ママとワンコとワイワイゴロゴロしていたのはほんのちょっと前のことなのに
何だかとっても懐かしいです。なぜなら・・・

思春期真っ只中のお姉ちゃん、ママにはいつも反抗的だから。
反抗期の反抗的な娘に反抗するのは大変ですよ。マジで。
1日に1回はウキキィィ~ってなりますから。マジで。
拳で胸を叩いて叫び出したい心境になりますよ。マジで。
そのうち目ん玉ひっくり返って口から泡吹いて、ぶっ倒れますね。それはないか。

そんな時には、空を見上げ・・・
アイウエオ順に犬種名をあげていったりするといいですよ。
ア…アイリッシュウルフハウンド、イ…イングリッシュポインター、
ウ…ウぅ?!とかいう感じでね。
そうすると、ふわぁ~っとクールダウンできます。




さて、本日は犬本のご紹介です。


まずはこちら・・・
kannsuke.jpg


くま君を迎えた後に、図書館でキーワード「甲斐犬」と検索して見つけた本です。
著者の名前を見ても誰かわかりませんでしたが、表紙のお顔を見て気づきました。
あの有名なテレビ番組の鑑定家の先生じゃ~~ん。


とっても面白い本でした。
和犬らしくマイペースな勘助くんを中心に生活する先生の様子がとってもチャーミング!
それにグラビアページの先生がとっても素敵なの。
いつもの渋い和服姿からはきっと想像できないですよ、ジャージ上下の先生。
しかもジャージ上はジャージ下にin!しちゃってるの。惚れちゃうよ。
あの独特の語り口を思い出しながら読むと、何ともシュールな
そしてとっても暖かい気持ちになれます。おすすめです。


お次は・・・

12203.jpg

著名人が秘蔵っ子を紹介しています。
すべて写真つきで、え?こんなニヤケタ顔を晒してしまっていいの?と
心配してしまうような方もおられます。
ママが気に入ったのは作家の畑山博さんの秘蔵っ子ちゃんたちです。
雌鶏とナゴヤコーチンの恋、さらにナゴヤコーチンとウサギの終わった恋のお話。
もっと詳しく聞きたいわぁ。
ワンコの話じゃないけど。


お次は・・・


aris.jpg


感想は、う~~ん…これはやっぱりダメなんじゃないかしら?です。
著者がアリスちゃんをすごく愛していたことは伝わってきますが
愛しているなら、相手を理解して尊重しなくてはいけません。
ましてや彼女は人間ではないのですから、よくよく理解してあげなくては。

著者の周りにはたくさんの人がいたでしょうから、アリスちゃんのお世話は
きっと行き届いていたのでしょう。でもアリスちゃんが一番好きだった人は
アリスちゃんを正しく理解していなかったと思われます。
それって大変不幸なことではないのかな?
でもワンコは好きな人のことを信じることはやめられないものだから
愛した人に愛されて、愛した人を信じたアリスちゃんはやっぱり幸せだったのか?
まぁ、一言で言うなら「ダメ飼い主のお話」です。はい。


以上がエッセイで、お次は実用書というか・・・


055.jpg


医学書?
くま君のパテラの手術の時に大変役に立ちました。
もちろん獣医師の先生もきちんと説明してくれたのですが
ママの気持ちが混乱していたり、もともと頭がバカだったりするので
家に帰ると「で、どういうことだっけ?」となることがしばしばでした。
そんな時、この本を開けばナルホド!先生のおっしゃっていたことは
こういうことか!と改めてしっかり理解できました。
そういう使い方をする分には大変良い本ですが、目的もなく読んでいると
もしかしてうちの子は病気なのでは?なんて不安がどんどん湧いてくるので
ネガティブで心配性な方には、あまりおすすめしませんわ。


お次の本は古本屋さんで200円で購入したのですが・・・


12201.jpg


とっても役に立ちそうな本です。
まだ介護が必要なワンコがいないので、実際に役に立ってはいませんが
既成の介護用品の紹介だけでなく、もっと具体的に便利グッズの使用法や
介護のコツが紹介されているので、実践向きではないかと思います。

お次も200円本ですが・・・


12202.jpg


良い本でした!
初めて犬を飼う時に、たいていの人はハウツー本的なものを読むと思います。
ママもさんざん読みました。しかし読んでも???なことがけっこう多くありました。
今、同じものを読めばおそらくすぐに納得できるのでしょうが、
ワンコがどういうものかさっぱりわからない人に、オスワリやフセなどのしつけの仕方を
手順1,2,3と絵で教えても、その通りにいかない場合の対処がわからない。
ハウツー本を読むよりも、犬ってどういう生き物?何を考えてるの?というようなことを
理解することが、結局はしつけの早道なのではないかなぁと思ったり?思わなかったり?
しつけ下手で、いまだワンコをよくわかってないママに偉そうなことは言えないっす。

ただ、この本は子供に読んでもらいたいなぁと思いました。
犬が好きだけどどう接していいかわからない、犬が嫌がってることがわからない
仲良くしてもらえない、もっと仲良くなりたい、そんな子供に読んでほしい。
4,5年生なら読めると思う。そのためには本の題名を変えたらいいと思う。
「犬を知る」とか「犬ぞぇ!」とか「犬っこ倶楽部」とか「少年探犬団」とか?



お次は図書館で予約待ちして借りた本・・・


12224.jpg


アメリカでベストセラーになったということですが、確かに何かアメリカ的。
ママの思うアメリカ的は訴訟の国、公平っぽくしたがる国、偉そうなこと言ってんジャンの国
この人は研究者だそうで、この本は論文ではないはずですが、とにかくまどろっこしい。
統計的にいかに不確かであるか、科学的にいかに稀有なことであるか、
実験的にいかに実証するかとか、どうでもいいんですけど。

ま、いろいろ批判的に言っちゃいましたけど、面白かったです。

でもね、ママの心の大先生とつい比べちゃったんですよね。
小っちゃいなぁ、視野もスケールも経験も小っちゃいなぁっとか思っちゃって。

あ、心の大先生っていうのは・・・




12214.jpg
12215.jpg


ムツゴロウさんですよ。↑は子供向けの本です。
犬本ではないのでここではご紹介しませんが、ムツゴロウさんの著書で
ママの目からは鱗がボロボロ剥がれ落ちました。
疑問に思っていたけど答えが出なかったこと、正誤が判断できなかったこと
疑問にすら思っていなかったこと、これから考えて行かなくてはいけないこと
例えば肉食について、教育について、政治について、捕鯨について、などなど。
いろんな鱗が剥がれ落ちて、そしてさらに新しい鱗がくっついてきてます。

やっぱり読書って面白いです。

それにしても犬本不足に悩んでおります。
エッセイも良いけれど、犬が活躍する物語が読みたいなぁ。
シートン動物記みたいなもので、できれば犬と人間の物語じゃなく
犬と犬、犬と動物の物語がいいなぁ
おすすめ本がありましたら、ぜひ教えてくださいませ。










perro dogs homeでは、たくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてくださいね♪



くま君の預かり日記は☆コチラ☆です。みてみてみてみてね。
23:11  |  犬本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

犬本の記事、いつも楽しみにしています(^0^)

自分ではなかなか発掘できなくて。
ムツさんの本、読みたいなーと思いました♪

そうだ、ティオ松さんは『銀牙 -流れ星 銀-』をご存知ですか?
私は幼稚園の頃、テレビアニメで観てすごくはまった記憶があります。
主題歌のカセットテープも持っていましたっけ(笑)。

ムツさんのテレビを見ていた小学生の頃を思い出していたら、幼稚園時代まで遡ってしまいました。
私も良い犬本を見つけたらブログに載せますね〜。
ふく姉 | 2012年07月04日(水) 23:14 | URL | コメント編集

ふく姉さん☆

あぁ・・・哀しきはジェネレーションギャップよ。
ふく姉さんが幼稚園に通っていた頃、私は中学生?
思春期をこじらせて、素直にアニメをみるような時期ではなかったような(笑)。

ムツさん本をやっとほとんど制覇しましたが、今更ながら彼の魅力にはまってます。
いままで理想の男性なんていなかったのですが、「畑正憲」にきまりましたっ!
しかし決まったのが遅すぎた~。もうすぐ40という今になって決まっても。。。

ふく姉さんの本紹介もとっても楽しみにしてます。
すでに読んだことがある本も多く、読書の趣味が似ているのかな?と嬉しく思っています♪
ティオ松 | 2012年07月05日(木) 07:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。