2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.19 (Thu)

頑張る男、あり。

こんにち~WAN!

突然ですが、ご自分の右脚を見ながら想像してみてください。

脚の肉を切り開いて、骨を外し、骨を削り、骨を戻す。
さらに筋とか肉とかを切り取って縫い縮めて、またすべてを縫い閉じる。


無理でしょ?そんなん無理~と思うでしょ?

でもね、それをやり遂げた男がいるんすよ。
正確には、やり遂げられた(受身型)男なんすけど。
それは・・・




                 僕です!
kuma25.jpg


先日、くま君はパテラ(膝蓋骨脱臼)の矯正手術を受けました。

手術をするかどうかについて、ママは非常に悩みました。
初めは圧倒的に「しない」寄りだったのですが
くま君の輝かしい将来のために、大手術をすることに決めました。
もちろんママだけでなく、方々に相談し、団体のスタッフさんと話し合い
獣医師にも相談し、リスクと可能性と希望と条件と、いろいろな要素を
考え合わせて決めたことです。

それでも、ママは最後の最後までグズグズした気持ちが晴れなくてね・・・




kuma29.jpg


これは手術前日に撮った写真です。
この日は何をしてても涙がジワジワ~っていうような状態で
隣の公園の桜が満開になっていたのに、眺める余裕はありませんでした。
手術当日は動物病院の前の桜並木が素晴らしかったのですが
それについても「咲いてるね」という感想しか持てず。

桜って不思議な花だなぁと思います。
花は毎年同じように咲くけれど、家族は毎年少しずつ、または大きく変わっている。
今年はお姉ちゃんが中学に入学し、くま君が手術をした、桜。
去年は震災の後で計画停電などもあり落ち着かなかった、桜。
その前はりんごちゃんを迎えて、まだ一触即発?でドキドキだった、桜。
その前は・・・ハル君にメロメロ&アタフタだった、桜。
毎年、桜と桜の頃のことは頭にくっきり残っているような気がします。

今年の桜も忘れられないものになりました。
術後のくま君を迎えに行った時は、そこらじゅうに桜の花びらがヒラヒラ舞っていて
くま君は脚がガチガチに固定されてはいるものの、元気そうで
ママを見つけると嬉しそうにしっぽを振ってくれました。

くま君は手術前とちっとも変わらず、素直で甘えん坊でヘタレで可愛いままです。
出会ってからずっと、くま君はかよわい小さな男の子というイメージでしたが
そうじゃありませんでした。大手術を乗り越え、試練を受け入れ
それでも変わらず柔らかい雰囲気を醸し出しているくま君は男の中の男です!
そして立派なワンコです!ママ、ほんとに感動しちゃった。

今はなるべく安静を保つようにして、生活しています。


くま君安静生活のために、ママが考案した・・・



庭付き(一部屋根あり)一戸建て
kuma30.jpg


すごい良くない?療養生活にぴったりじゃない?
と思ったのですが・・・・



              居心地、悪いんだけど・・・
kuma31.jpg


いつものケージに変なもんがついてるし、出れそうで出られないしで
くま君は落ち着かなかったみたいで、↑のようにずーっと立ったまま
こちらを見つめていたので、15分で撤去(涙)。

現在は・・・



僕、おばちゃんの近くがいいんだ♪
kuma26.jpg


サークルに入って、ママと共に移動しています。
元々くま君は、ケージでお留守番もねんねも全然OKなんですが
目が覚めていてケージにいる時、みんなの様子が見えないと
落ち着かなくて、立ってしまう。ずーっと立って見てしまう。

いっそみんなの近くにいる方が落ち着いて寝られるようなので
ケージ遊牧民になってます。文句も言わずサークル内生活に耐えています。
本当にくま君は最高にいい子!!!!


膝蓋骨脱臼とくま君の様子について、詳しくお知りになりたい方は
☆こちら☆をご覧くださいね。


お・ま・け
12124.jpg


ボンボンとくま君はこんなに大きさが違うのに、体重はボンボンの方が重いんです。
3本脚で体を支えているくま君には、ガリガリくらいが精一杯でした。
骨格的には本来ならばもっとたくましくがっちりとした体型なのだと思います。
これからはたくさん歩いて、いいもの食べて、大きな男に・・・なれるといいです。





perro dogs homeでは、たくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてくださいね♪



08:36  |  保護犬たち  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

くま君、静かな森の中の小さいけど深く清い湖みたいなお目目の素敵な男の子ですね。
大きな手術、よくがんばった。えらい。
結果が良いことを心からお祈りしております。

最近は拝見するばかりでしたが、いつも応援しています。
むーたん代理 | 2012年04月19日(木) 09:53 | URL | コメント編集

くま君、頑張ったんですね。
くま君を見て、お友達のyukoさんちのニコル君(黒ラブ)を思い出しました。

ニコル君は保護犬で、yukoさんちに行った時は、放浪していた際に車にでも
はねられたのか、後ろ足が曲がってビッコをひいていました。
毛並みもケソケソでやせっぽちで・・・

でも、やっぱり大手術をして人工関節を入れ、今では走れるようになりました。
毛並みもピッカピカ、体も30キロまで体重を増やし、どこからどう見ても
立派なラブになりました。

くま君も、そうなると良いですね。
来年の桜の頃には、ガッチリしたイケメンニッポン男子になっていますよ、きっと。
ターミ姉ちゃん | 2012年04月19日(木) 20:22 | URL | コメント編集

手術したんですねー。

悩んで迷ってぐだぐだになって
そうやって最善だよ!多分!と決めたことは最善なんです。

私もいつもいつもそうやってきました。
結果オーライで結局はわんこに助けてもらってましたから~。

暫く大変だけど、ティオ松さんのほのぼの優しい笑顔で
くま吉君を支えてあげて下さいね(^^)

そろそろボンボンに会いたいなーーー。
もちろんティオにも♪
直子 | 2012年04月19日(木) 23:00 | URL | コメント編集

むーたん代理さん☆

そうなんですよ!くま君の目って子犬特有の透明感だけでなく、
「何か」がある感じなんです!
かなりのヘタレで、まだお子ちゃまらしいところもたくさん残っているくせに
黙って立っていると「賢者」という言葉にふさわしいような風格を感じます。
多分、9割方は仮親バカの贔屓目ですけど・・・。
目指せむーたん!で、いい男になってほしいと思っています。

私も毎日ブログ見てます。お兄ちゃんと家の残念娘がかなり似ている気がして
胸を痛めつつ、ハラハラしつつ応援してます!



ターミ姉ちゃんさん☆

やせっぽちでケソケソのくま君は、今が最悪の時なんだと思います。
これからは良い方向にだけどんどん伸びていくはず!

今は経験不足で、いろんなことを怖がっていますが、
堪えられずにパニックになることはなく、子犬の割りにとても落ち着いています。
そこはすごく良い性質だと思っているので、大事にしてあげたいです。
愛情が注がれるのを忍耐強く待つことができ、自身はとても愛情深くて、
惜しみなくそれを示してくれます。
とにかく・・・・・最高の男の子なんですよ!
こんな子が幸せにならなくちゃ、世の中全部嘘です!
絶対に幸せにしてやるぜ~~~!と今、心の中は密かに燃えております。

しかし実際にやってあげられることは、ナデナデくらいしかなくて・・・。



直子さん☆

どうもありがとうございます。
決める時には、今までの直子さんの勇気ある決断をいろいろと思い出しました。

現状では3本脚でもいいかな、手術はいらないかなと思っていましたが
10年後のくま君の生活を考えて決めました。
その頃はもう私とは一緒にいませんが、
どこかで元気にトコトコ歩けていたらいいなぁと願っています。

犬を預かる=命を預かるということで、責任重大だ、重い!厳しい!と
今ごろ改めて実感しています。
そして、やっぱり私はどうしようもなく犬が好きなんだなぁということも実感してます。

偉そうなことを言いましたが、私がくま君に出来ることと言えば
病院に連れて行くことと、家でそばにいてナデナデすることくらいで
歯がゆいような気分です。

ティオとボンボンもきっと会いたがっています~♪





ティオ松 | 2012年04月20日(金) 19:32 | URL | コメント編集

くま君、頑張りましたね。そしてティオ松さん、不安な日々を過ごされたと思います。
リスクは付き物ですものね、口の聞けないくま君の決断をするのは
とっても苦しくて自問自答の日が続いたのだろうなあと・・本当にお疲れさまです。

我が家でお預かりしているゴローちゃん、先天性の3本足なので当たり前に
生活していますが、姿勢が超~前のめりで、人間だったら
「姿勢が悪いと身体こわすよお~」と一言注意したくなるような格好です^^;
ちょっとの事でズコっとコケちゃうし、やっぱり治せるものなら治してあげたいです。
大手術を終えたくま君の長い未来はキラキラした可能性がいっぱいですね。

大好き!可愛い!で埋め尽くされたティオ松家に行ける保護っこは
本当に幸せだといつも思っています^^
ake | 2012年04月25日(水) 17:04 | URL | コメント編集

akeさん☆

くまくん、頑張りました!そして今も頑張っています。
ワンコの生命力と生きるということに対して全く曇りのない
前向きな気持ちに改めて感動させられっぱなしです。

くまくん、けっこう大きいんです。柴犬を2回りくらい大きくした感じで
たぶん適正体重は12キロくらいじゃないかな?
3本脚で支え続ければ、いつか後ろ脚に支障が出てくるかもしれない。
4本脚の動物の脚が2本だめになったら、立てなくなる・・・・。
それに痛みもあるようでした。だから手術することにしました。

でもゴロー君のように3本脚でも、私はいいと思う。
いいと思うって、何だ???
全然うまく言えないのですが、いいとか悪いじゃなくて、
それがゴロー君だから、それでいいと思う!
かわいそうとか痛々しいとか思うことは、機嫌よく生きているゴロー君に失礼だと思う!
くま君も、脚が何本でも、たとえ5本でも、それでいいと思っていたんですけどね。
痛い思いをして手術したので、どうか良くなってほしいと祈っています。
私にできることは祈ることくらいで・・・。

・・・いろいろ迷ったり悩んだりし過ぎて、頭の中がいまだ整理されていないのが
伝わりましたでしょうか(笑)。
ティオ松 | 2012年04月25日(水) 23:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。