2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'01.29 (Sun)

犬本いかぁっすかぁ?

こんばん~WAN!

7年ぶりに縮毛矯正をして、キョンキョンみたいになっちゃった♪
・・・と喜んだのもつかの間、現在は宅八朗(知ってる?)みたいな頭のママです。
ママの人生、いっつもこんな感じ。せつないわぁ。


本日は犬本のご紹介です。
まだまだ寒い日は続きますから、お家でゆっくり読書するのが一番!
本を読む時にはもちろんはワンコを抱っこしてね。たとえ大型犬でもね。

まずは・・・



あQ

作詞家の阿久悠さんの犬猫エッセイです。
阿久家のワンコ歴は・・・
セントバーナード、グレートデーン、秋田犬、そしてアイリッシュウルフハウンド!
夢のような顔ぶれですね~♪

初代のセントバーナードから秋田犬までは外飼いだし
仕事が忙しかった阿久さんは、ワンコと触れ合うというより
自分のワンコを眺めるというようなスタンスで書いています。

犬本は、熱烈なワンコ好きが書いていることがほとんどだと思いますが
この本は、標準的なワンコ好き男性や、お世話にはあまりタッチしない男性、
世の中の忙しいお父さんたちがどのように愛犬を思っているのかがわかります。

しかし阿久さんが「最後の犬」としたウルフハウンドは、室内で共に暮らし
細やかに愛情を交わしたようで、思い入れが他のワンコとずいぶん違います。
そこらへんもナルホドね、と思いました。

どのようなスタンスであっても、またワンコの入手法がいかなるものであっても
阿久さんのワンコへの気持ちは尊敬と慈愛に満ちていて、とても楽しく読みました。
ニャンコたちもかっわいいしね♪

それから、この本を読んで阿久悠作詞の流行歌の多さに驚きました!
だって、ピンポンパン体操も、戦艦ヤマトも、どうにもとまらないもよ!幅広過ぎるでしょ?!



次は、3冊まとめて・・・



onotini.jpg
    inutomo.jpg
        toukyou.jpg

一番上は、ママに言わせれば「ムツさんに恋して」だわよ。
真ん中は児童書ですが、大人でも充分に面白かったです。
下はワンコは出てきませんが、ムツさんファンにはたまらん1冊かも♪
これはシリーズで青春物語とか結婚物語とかありますが、全てが超ムツさんなの!!
ムツさん、まじかっけぇっす。


そして、こちら・・・



犬殺


新聞記者がワンコの販売ルートと殺処分の現状などについて詳しく調べた本です。
生体の移動販売について、オークションについて、ネット販売についてなどなど
販売ルートに関して、きっと多くの人が知らないであろう衝撃的事実が書いてあります。
年間8万匹超の犬が殺処分されている現状を変えるには
個々の飼い主の意識改革だけでなく
子犬の繁殖と流通を見直すことが大変重要だということがわかります。

夜間の生体販売は禁止になりましたが、月齢8週齢未満の販売は未だ規制されていません。
とにかくこの本を読んでください。
そして、正しいと思うことを実行してください。

ふぅっ。




こんな本もありましたよ!


arerugi.jpg


けっこう厚い本で、参考になります。
取り入れやすいものだけ参考にすることから始めたらいいかもね。



こんな本も読んではいるんですよ。


犬しつけ


ほとんどが子犬を迎える時のノウハウですが
わが家の場合、預かりっ子が来るたびにアタフタと試行錯誤するので
たまに読むととても役に立ったりします。


最後は・・・


inumuko.jpg


帯にあるように、芥川賞受賞作!!
特にコメントナッシング。



21:01  |  犬本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

本の紹介、毎回興味がひかれる物ばかり、一冊も読めていません。
「アレルギーわんこと暮らしとレシピ百科」参考にしてみようかなと思います。
ライムさん、ちょっぴりアレルギーなんです。

前に紹介された「ソロモンの犬」は読みました。結末はえっ?ていう感じでした。
たえ | 2012年01月31日(火) 21:42 | URL | コメント編集

たえさん☆

ティオも少しアレルギー気味です。鶏肉がダメになってしまったのは
手作り食にはちょっと厳しいです~。
ボンボンはな~んでもOK!の病院知らずの元気君で助かっています。
やっぱり健康が一番大事ですもんね。

ソロモンの犬・・・確かに読んだのに、やっぱり内容が思い出せません(汗)。
 | 2012年02月02日(木) 20:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。