2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.02 (Sun)

秋ですなぁ。

こんにち~WAN!
秋ですねぇ。

ティオが夜になっても元気です。遊びたくてしょうがないみたい。



きゃはっ!ボールって楽しいのぉ♪ほれ!ほ~れほれ!
110954.jpg


1人遊びが全くできないティオさんは、パパを一生懸命誘っています。
しかし初めから、寝ているパパに直接交渉するのはなんなので
いかにも楽しくてしょうがない!という感じでボールをプーピー鳴らしています。

そんなティオの奥ゆかしい誘いには全くのらないパパ。
結局1分後には・・・・



             パパァ、パパはあたちと遊ぶべきなのぉ!
110953.jpg


耳元で大音量でプーピーしながら、グイグイ押し付けるという
まさに押し付けがましい直接交渉に出ました。

しかしなかなか交渉に応じてくれないパパ。

そのうち、ヨダレでツルツルになったボールは
不器用なティオの口から、ソファの下にポロリ・・・




         あ、あたちのボール・・・
110955.jpg


オスワリしてパパにボールをとってくださいなの!とアピールしているのにも関わらず
パパは「ティオかわい~♪」とか言っちゃって写真を撮ってます。



撮影が終わり、やっとパパがボールをとろうとしたら・・・





          きゃっ!
110957.jpg


なぜかティオさん、ずっこける。


わっかんないわぁ。




お・ま・け てのりすずめのピチコちゃん
pitiko.jpg

遠い昔、昭和の昔。今ごろの季節のこと。
中学1年生のママは、落ち葉の吹き溜まりの中に
モゴモゴと動く赤い肉の塊を見つけました。
すずめの赤ちゃんでした。返すべき巣は見当たらず、家に連れて帰り
それから2年近く一緒に暮らしました。
ピチコと名付けましたが、おそらくオスでした。

朝は毎日いい気分&いい声で、ひょろひょろピヨピヨと歌っていました。
ママのめがねのつるにとまったり、手の中で眠ったり
母のおばさんパーマのクルクルヘアで砂浴びみたいなことをしたり
本当にかわいくて楽しい子でした。

小さいうちは飛び立たせるためにいろいろしてみたのですが
野性に返るのは無理そうだということがわかり
日中は1室だけをフリーにして暮らしていました。
あの古い部屋は、壁中糞だらけでしたっけ。

しかしある日、外で鳥かごを洗っていたら突然飛び立ちました。
鳥かごに生きたミミズを入れてあげるとパニックになるような子でしたから
すごく心配したのですが、その後しばらくの間は、窓を開けておくと
家の中に糞が落ちていたりしたので、ちゃんと暮らしていたようです。

今でもすずめを見ると、あ、ピチコだ、と思います。
でも最近あまりすずめを見かけません。
日本のすずめは減っているそうですね。





perro dogs homeではたくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてくださいね♪



ten10.jpg
かわいいてんてんの預かり日記はこちらです♪
11:35  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★No Title

ティオ松さんって、生粋の動物愛護お姉さん(?)なんですね。
どんな動物でも、そばにいるのがすごく自然に見えます。
雀さんも、ティオさんに拾われて良かった。本当に命拾いしたんですね。
ティオさん、なんでずっこけたんでしょう・・・
ターミ姉ちゃん | 2011年10月02日(日) 12:32 | URL | コメント編集

★No Title

ターミ姉ちゃんさん☆

うふふっ。今はもう完全なる、堂々たるおばはんです。
しかし昔は「ムツゴロウ王国」で働くことを夢見る少女で、その後は獣医さんを目指す乙女でもありましたが、いつの間にかただの動物バカおばはんになってました。
昔から犬が一番好きですが、猫や鳥、豚や馬、いろんな動物と一緒に暮らしたいなぁ、なんて思うこともあります。しかしもう今となっては来世の夢です。
私にとって預かりは、保護活動なんて大それたものでなく、いろんなワンコと一時ではあっても親密に暮らすことができるので、本当に楽しいものなのです。

あ、↑のティオはフセの体勢から、突然つるっとずっこけたんですよ。多分嬉し過ぎてそうなったと思うのですが、なぜ嬉しくて「つるっ」なのかは???変な子なんです。
ティオ松 | 2011年10月02日(日) 22:01 | URL | コメント編集

★No Title

あらあら~♪
ティオちゃんったら、やっぱり永遠の少女なのね。
ラビなんてすっかり落ち着いちゃって、全然じゃれてくれないのよ。
でもそのコの性格もあるから、年は関係ないかもね。
ラビとモカはパピーの頃からあんまりじゃれなかったような気がするよ。
ナナはティオちゃんの年頃にはバリバリじゃれついてたけどね☆
ルルもティオちゃんみたいに「遊ぼ!」って誘ってくるよ!

ママさん、すごい!雀の赤ちゃんを立派に育てたのね!
私も子供の頃、雀のヒナを保護したけど・・・
だいぶ弱ってて、育てられなかったの(涙)
ナラモルの母 | 2011年10月03日(月) 22:14 | URL | コメント編集

★うちは鳩

秋ですね♪すでに涼しいを通り越して寒いですね;^^)

ティーちゃん、可愛いなぁ!
ふくちゃんは全くおもちゃに食いつかず私たちの手足に食いつくので、おもちゃの楽しさを覚えて欲しいものです。

ティオ松さんは雀を育てたことがあるんですね!
先日拙ブログに載せたのですが「ある小さなスズメの記録」という本が、まさに巣から落っこちたと思われる雀の赤ちゃんを戦時中にイギリスの夫人が育てた話で、とても興味深い本でした。

私はケガをして飛べなくなっていた鳩を拾ったことがあります。ほとんど母が世話をしてくれたのですが、小屋を作り口をこじ開けて餌を与えていました。ケガが治ると散歩中(?)にあっさり飛んで行ってしまい、小学生だった私はその後飛んで帰って来て元気な姿を見せてくれることを期待しましたが、残念ながらそんなことはなかったです(笑)。
ふく姉 | 2011年10月03日(月) 23:41 | URL | コメント編集

★No Title

ナラモルの母さん☆

ナナちゃんとラビちゃんでは親子でも遊びに関しては違うんですね。
ラビちゃんったら、とっても童顔なのに、遊びにかんしては大人なのね♪
ティオは去年、今年と秋になると俄然若返って、遊べ遊べ攻撃が激しくなります。暑かった夏の間は鼻先でおもちゃを振ってもチラッと見て「もーやんなるー」って顔してたのに・・・。

スズメはまだ頭にホヤホヤっと毛がのっかっている程度で、羽根は骨組み(?)しかないようなちびっ子だったのに、特になんの苦労もせずにすくすく大きくなってくれたんですよ。
まだ飛べない小さな頃は、一所懸命走って私の後を追いかけてました♪かわいかったなぁ~。



ふく姉さん☆

あぁ、ふくちゃんのつま先カジカジですね。なつかし~♪
すっごく痛いわけじゃないけど、けっこう痛いんですよね(笑)。
でも夢中でカジカジしてクルクル回ってる姿がかわいくてね~・・・。
あぁ、早く会いたい!!

「ある小さなスズメの記録」は、ふく姉さんのブログでみて、すぐに図書館で予約したですが、50人待ちなんです~。
スズメって12年も生きるんですね。ピチコちゃんは寿命を全うできたのかな?
今も実家の近くに住んでいるので、「もしかしてこの子はピチコの曾々孫ちゃん?なんて勝手に楽しく空想しています。

(母の)知人が昔、傷ついた鳩を保護して、長い時間かけてしっかり完治させました。
でも「鳩と言えば、上野」ということで、なぜか上野で放したらしいのですが、飛んだとたんに他の鳩の一斉攻撃にあったそうです・・・。
動物の世界って厳しいなぁと子供心にしんみりした覚えがあります。





ティオ松 | 2011年10月04日(火) 20:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。