2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'09.24 (Sat)

てんてんとティオボン

こんばん~WAN!

今日、久しぶりにペットショップに行き
ついガラスケースの中のワンコを見てしまいました。
たくさんのかわいいパピーが、何を根拠につけられたのか判らないけれど
12万円とか18万円とか25万円という値段で売られていました。
しかし目の横に大きなイボのあるゴールデンレトリーバーの女の子は
1万円で売られていました。月齢8ヶ月で、もうかなり大きくなっていました。
ケースに貼ってある説明書には、イボや健康状態のことは全く何も書いていなくて
「12時間以上お留守番できます」とだけありました・・・。

はぁ・・・。


ママは何も言わずに黙って見ていたのですが、横にいたお姉ちゃんが
「バカじゃん!狂ってんじゃん!」と吐き捨てるように言いました。
そう、狂ってる。

ゴルちゃん、どうしてるかな。
助けられなくて、ごめんなさい。


あ、もう昨日のことになっちゃった。
3連休初日は珍しく夜更かししております。

足下にはかわゆい・・・


            あたち、てんてんなのん
ten10.jpg


てんてんがズーズーブーブーとイビキをかいて寝ています。

今では元気にチョロチョロしているてんてんですが
わが家に来た初日は、立っているのも精一杯。
2日目からは立つことも出来ないくらいにぐったりしていました。



                あたち、もーだめなのん・・・
110920.jpg


食事と排泄以外はほとんど伏せたままで、顔を上げることすらありませんでした。
預かりっ子が来てしばらくは、ティオボンとの関係を気をつけて見ていなくてはいけません。
でも、てんてんはサークル内で寝たきりでしたから
ティオボンとてんてんは一見無関係のように思われましたが・・・



110921.jpg


ティオがサークルの隣に付き添っていました。

わぁ~♪ティーちゃんって優しいのね!って思うでしょ?
そう、普段からティオはとっても優しい子なのですが、
てんてんに対しては、なんか、優しさとは違う感じだったのです。

なぜなら、サークル内にいる時は↑のように、一緒に寝ているのですが
てんてんがサークルから出てティオに近づくと、ササ~っと逃げていました。
てんてんはワンコに興味がないので、ティオのお尻にクンクンもしていないのに
ティオは常にてんてんから一定以上の距離をとろうとしていました。

最初はいつも預かりっ子のことを見えないのよ、見えないものはいないのよ
完全に無視して、存在を無理やり否定しているボンボンも
てんてんが近づくとあわてて跳んで逃げていました。

てんてんは皮膚にも耳や目にも内臓にも疾患がありますが
伝染するような病気や菌などは持っていないんですよ。

ママが思うに、多分ですけど・・・
病気が怖い、痛いのが怖い、そして漠然と感じる「命の終わり」みたいなものが
ティオボンにはとても怖かったのではないかと思います。

そうだとすると、てんてんは本当に危ない状況だったのかもしれません。
ママの目で見ても、いかにも危なそうでしたが、本当に危なかったのかと思うと
今さらながら、怖いかも。確かにすごく怖いかも。

てんてんが元気になるにつれて、ティオは離れ、ボンボンは再び完全無視態勢に。
つまり、いつも通りになりました。
よかった。


てんてんは、ティオボンをほとんど意識せずに暮らしていますが
ティオボンはてんてんを常にけっこう意識しています。



               ん?それって・・・
110932.jpg


ティオが何か気がつきましたよ。




               ママァ・・・てんてんが・・・
110930.jpg


ママに何か言いたいみたいですねぇ・・・




      てんてんがいたずらしてるの!叱ってなの~!!
110931.jpg


だそうです。
わが家のワンコリーダーとして、ティオがガツンと叱ればいいのですが
それができれば、ティオじゃない。
叱れない・でも見過ごせない、とくれば、ティオお得意のママに文句タレールですね。


ちなみに、てんてんが楽しくガジガジしてるのは・・・



           おじちゃんのベルトなのん♪
110933.jpg


最近、てんてんはいろいろ持ち出してはガジガジと味わっています。
やはり堂々の人気ナンバーは、いつものようにパパのもの。
おっさん臭がたまらんのね。




perro dogs homeではたくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてくださいね♪



00:42  |  保護犬たち  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

この子ですね。瀕死だった保護犬というのは・・・

きっと放置しておいたら、本当に死んでしまったのかもしれませんね。
人間って、どうしてそういう事が出来るんでしょう。

基本的に、

12時間留守番が出来ることを宣伝に、育ってしまったゴルを売っているペットショップも
程度の差こそあれ、同じ路線な気がします。
生きているものを大切にしないという点で。

売れ残りゴルさん、心優しい人の目に止まりますように。

イタズラは困るけど、イタズラ出来るくらいに回復したのは良い事ですね。
ティオさん、お手伝い御苦労さま。
ターミ姉ちゃん | 2011年09月24日(土) 09:59 | URL | コメント編集

ターミ姉ちゃんさん☆

他の仕事ではなく、ペットショップで働くことを選んだということは、例えバイトだとしても、動物好きな人なのではないかと思うんですよね。
でもこの状況をなんとも思わないのか、それともせめて自分がいることでどうにかできればと思っているのか?
お正月に大きなショッピングモールに行った時、洋服屋や家電店と同じように、ペットショップの店員が声を張り上げて「お安くしてま~す、抱っこしてみてくださ~い」と叫んでました。
そういう店があり、そして買う人がいるから悪徳ブリーダーも消えないんですよね。
先日のパブコメがどのように反映されるかわかりませんが、まず一般の動物好きが考えを改めることが必要だということを痛感しています。
モラルと良心のない下劣なエセ動物好きが諸悪の根源ではないかと思っています。
いっそ動物嫌いな人は、動物と関わらないから害もないんですよね。

ショップで見たゴルちゃん、てんてんが生んだたくさんの子どもたち、すべての淋しく辛い思いをしている犬達の幸せを強く願います。
ティオ松 | 2011年09月25日(日) 10:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。