2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.09 (Sat)

タケポンとボンボン

こんにち~WAN!

ママったらさっき窓の外を見て、雪が降ってるのかと思っちゃったんですのよ。
でも桜の花びらだって気づいて、な~んだ、もうびっくりしたなぁ、アハハ・・・
な、なぬぅ?!桜って?!もう散るのかぃ?まだ満開のとこ見てないのに!もう?
やだ、見に行かなくちゃ、ティオ行く?あ、雨か、1人で行くのもなぁ・・・
よし!あとで晴れたらみんなで見に行こうね。

だいたい5秒くらいで↑のようなことを思いました。
桜は人の心を忙しくさせますな。


さてさて、またまたフトメンイケメン・タケポンのお話です。

ポカポカ陽気の日には、みんなでよくお庭に出ていました。
ティオは庭には下りず、テラスのお布団の上ですぐにグースカピー。


       お耳ペローンで日光消毒中なの~
098.jpg
ティオのお耳めくりはママの大切なお仕事です。


ボンボンは一通りのパトロール&マーキングを終えると、日がよく当たり
ママがよく見えるところに座って瞑想(?)するのがお気に入り。
何も起きなければ、瞑想はいつまでもいつまでも続くのですが・・・




           あ・・・  ・・・ん?
110402.jpg


お庭をクルクル回りながらクンクンパトロールに余念がないタケポン。
太っているせいか、年のせいか、性格のせいなのかほとんど顔をあげず
真下だけをクンクンしながら進むため、時々ボンボンにぶつかります。


              えぇっと・・・      お?ボンボンのニホヒではないですか
110400.jpg



                             ちょっと横を失礼しますよ
110401.jpg





                     ・・・・・。
110403.jpg


器のちっちゃいボンボンですから、これが年若い男子でチャカチャカと忙しなく
動き回っていてぶつかってきたのだとしたら、怒ってると思うんです。
しかしゆっくり歩き、ぶつかるというか行き当たる感じでやってくるタケポンには
どう対応したものか、悩んでいる風。
または犬生の先輩に道を譲るべきなのかと悩んでいる風?
または、いったいこの人なんなのよ?と悩んでいる風。
いずれにしろなんとも困った様子でした。


そしてまた一回りしてきたタケポンが、今度は後から・・・



            ふぅっ    来た来た、後からまた来たのよ
110404.jpg



                 ん~む・・・   かあさん、僕の後にいるのよぉ
110405.jpg


ボンボンは、ちょっとドキドキしてます。
今度はどうするのかな?と見ていると・・・ 

   

         春だのぅ           ・・・・・。
110406.jpg



タケポンは、ゆっくり春を満喫したのでした。

もう!タケポンってばかわいすぎるぅ!とこの後抱っこしてチュゥチュゥしたのですが
そんな怪しいママのことも「ん~む、まぁよいのだ」と受け入れてくれました。
本当に素敵で面白くてかわいいタケポン♪


ところで・・・、大庭園には石が敷いてあり
その石はすごく尖っているわけではないのですが、丸くはないんです。
体重の軽いボンボンは平気で石の上を跳び回っていますが
重いティオは石の上を歩くと足裏が痛いらしく、敷石の上しか歩きません。

タケポンは10kgの巨体を小さな脚で支えている訳ですから
やはり相当痛かったようで石の上は歩きませんでした。
そういう訳で、↑のように時々ボンボンとぶつかったりくっついたりしていたのでした。

写真でみるとあっという間の出来事のように思われるかもしれませんが
↑を動画で撮ったなら、5分くらいにはなったと思います。
端で見ているママが焦れて叫びたくなるほど2人の動きはスローなんです。
スローっていうか、完全にフリーズしている時間が長いんです。
おそらくフリーズしているのは「どんすんべ?」と考えてる時間。

シュナって、本当に思慮深いワンコなのね~と
2人を見てせっかちなママは呆れました感心しましたとさ。



18:07  |  保護犬たち  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。