2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.05 (Tue)

お久しぶりです。

こんばん~WAN!
みなさま、大変ご無沙汰しておりました。
1月近くブログをおやすみしておりましたが、
わが家は相変わらずドタバタワンワン元気に過ごしています。

まずはとにかく、ご報告をしなければいけません。
長らくみなさまに暖かい応援をいただきましたおかげで
りんごちゃんにめでたく家族が出来ました。

1102154.jpg


2010年3月10日にわが家にやってきたりんごちゃんは
ちょうどぴったり365日後にわが家を巣立ちました。
りんごちゃんと過ごした楽しかった日々を振り返ることは
まだまだ別れが淋しくて、ママには上手くできません。
りんごちゃん総集編は、いつかこってりたっぷり作りたいと思っています。

そんなぁ、今すぐりんごちゃんにまた会いたいよぉ、という方へ。
りんごちゃんはこちらにいます♪
とっても幸せにしていますから、ご心配なく!


みなさん、本当にありがとうございました!わたし、幸せになりました!!
rin1.jpg


りんごちゃんが巣立った翌日、東日本が揺れました。
我が家地方は震度5でした。
まるでトランポリンの上にいるようにグニャグニャと揺れました。
ママはボンボンを抱え、ティオのカラーを掴んで庭に出て座り込みました。
食器棚の扉が開いて、食器が落ちるくらいの被害しかありませんでしたが
割れた食器を片付ける間、庭にティオとボンボンを繋いで置いたら
ボンボンがそのまま固まって震えて動けなくなりました。
よく金縛っているボンボンですが、それとは全く違い、
一瞬てんかんの発作がおきたのかと思ったくらい、異常な様子でした。


110414.jpg


ママは小学校にいるお姉ちゃんを迎えに行かなくてはいけませんでしたが
ティオボンを置いていくことが心配でなかなか出発できませんでした。
結局1時間後に迎えに行ったのですが、通常徒歩15分のところを5分で駆け抜けました。
ママもまだまだやるもんだ、と自分で自分を褒めたことは誰にも言いませんでしたけど。

小学校のお迎えには猫や小型犬を抱えたまま駆けつけたお母さんがかなりいたそうです。


地震直後から深夜まで停電し、パパは帰宅難民となり不在。
11日はリビングにお布団や非難用品を持ち込んでみんなで寝ました。


110415.jpg


ティオは地震後しばらく分離不安がひどくなり、ママが動くたびに飛び起きていました。
さらに3日後には原因不明&意味不明の症状が出て、動物病院にお世話になりました。

その症状とは・・・ヨダレがダラダラ止まらない

冗談じゃないですよ。大真面目です。


                 あたち、大変だったの~。
1102127.jpg


ティオの下に水溜りが出来ていたので、またおもらしなのかと思ったのですが
お尻が濡れていないのでよく見てみたら、ヨダレが絶えずポタポタ落ちていました。
普段は粘着性のあるヨダレなのですが、サラサラとして水のようなヨダレ。
病院に電話で問い合わせると、中毒性のあるものを食べた可能性もあるので
すぐ連れてくるようにと言われました。一通りすべての検査をしたのですが、原因は不明。
診察してくださった先生は以前一度だけそういう症例に当たったことがあるそうですが
やはりラブラドールだったそうです。
結局原因がわからないままヨダレは止まったのですが、やはりストレスだったのかな?
地震だけでなく、りんごちゃんがいなくなったことや、地震後のピリピリした感じが
繊細なティオには耐えられなかったのかも。

今はもう全くいつもどおりの楽しくうるさい文句タレール嬢になり、元気に暴れています。

そして地震5日後、震災直前にセンターから引き出したワンコが、わが家にやってきました。



君、誰なの?なんか親近感があるのよ           そだね。
110416.jpg

親近感があるのは当たり前、彼はボンボンと同じ・・・



          僕、タケポンです。
110418.jpg


ミニチュアシュナウザーですから。
あぁ、ミニチュアなんですけど、体重は10キロありました。
ママはこんなに太ったワンコを見たのは初めてでした。
なんてひどいことをするんだ、虐待以外の何ものでもない、と
タケポンの姿を見るたびに、何度でも怒髪天!でした。




110419.jpg


でも当のタケポンは、すべてを受け入れ、すべてを許しているような
達観した様子で、楽しそうに飄々と過ごしていました。

タケポンは、すぐに応募がありアレヨアレヨという間に巣立って行きました。

短い間でしたが、タケポンは震災後の少しピリピリしたわが家と
りんごちゃんを送り出して落ち込んでいたママをやさしく癒してくれました。
またママに「やっぱりシュナウザーはいいワンコだ」と改めて気づかせてくれました。

タケポン、かなり面白かったです。
ボンボンと2人になると、面白さは倍どころか4倍にも5倍にも・・・。


僕たち、大真面目よねぇ。おかしくないのよぉ。   そだな。    
110417.jpg


次回は素敵な男タケポンとの生活を振り返ってみたいと思います。



計画停電が実施されますし、節電もしなくてはいけませんので
しばらくコメント欄は閉じさせていただきます。

最後になりましたが・・・
この度の地震で亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げます。
また被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。
そしてすべての人々が救済され、一日も早く復興なることを強く祈ります。


22:19  |  未分類  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。