2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'05.12 (Mon)

キャンプ その1

こんばん~WAN!

グズグズお天気が続く、わが家地方です。


週末は予定通り大雨の中、キャンプに行ってきました。あほ家族ですね~。

キャンプといってもコテージを予約していて全額払っていたんですよ・・・。キャンセルしても返却なしなの。


出発前はティオさん恒例の大騒ぎが普段より数倍派手に行われ

ましたが、とにかく荷物を積み込んで出発。

ティオはいつもと違うことは心配で不安でしょうがないんです。

荷物いっぱいの車に乗ってからもクーンクーンと鼻をならし、落ち着きません。


心配するティオはさておき、先週タイヤの整備点検を済ませていたのですが

「なんとなくつぶれている感じがする」と心配性のおばさん(正体ママ)が言い出し

急遽、車屋さんに行くことに。

点検後、やはり異常なし。ちょっと肩身の狭いおばさん(正体ママ)。

でも、ティオは「な~んだ、車の点検だったのね」と勘違いし、そこから先は

帰り道と思ったらしく、後部座席で寝始めました。

ティオとママの安心取得の寄り道だと思えばいいね。


向かった先は神奈川県の丹沢湖です。


ママはお弁当も作らなかったんだよ。雨のせいって言うけど、関係なくない?
キャンプ31


お昼ごはんを食べるつもりでしたが、雨なのでもちろん車の中。

お姉ちゃんのパンが両側から狙われています。ボンボン何気にカメラ目線?


しかし、このあと悲劇が・・・


パパ、どこまで一服しに行ったのかしらん?
キャンプ2
ご心配なく、悲劇はパパに起こったのではなく、むしろパパは犯人です。


ライトつけっぱなしでバッテリーがあがったのです。

ほとんど車も通らない道でのバッテリーあがり、ほんと悲惨です。

結局すったもんだで回復し出発出来ましたが、いやぁ、参りましたよ。


予定より大幅に遅れてウェルキャンプ西丹沢に到着。

ここは犬同伴家族専門の一角があり、コテージの中も犬連れOKです。


雨のため予定していた遊びはほとんど出来そうになく、早速ドッグランへ。

大雨のドッグランで遊ぶあほな家族は見当たらず、貸しきり状態でした。



車の中では何だかよくわからないけどすんごい心配して疲れちゃったの。
ここでは弾けちゃうわよ~!うっほっほ~い
裂けよ!あたちのパツパツレインコート

キャンプ9


太陽なし・友達(犬)なし・ボールなしのないないづくしでも

いきなり弾けてハイテンションのティオさん。

レインコートが本当に裂けそうです・・・。


ティオ姉ちゃん、どうしたんだ?
キャンプ10



車中で起こることにはまったく無頓着で寝ていたボンボンは

特にストレスもたまっていないらしく、いつもどおりのテンションだったのですが

意味不明なティオの弾けっぷりが気に入らないらしい・・・。



どうしたんだよう?!
キャンプ11



ティオのテンションを諌めようとしているかのごとく、追いかけます。




落ち着くんだ、姉ちゃん。話せばわかる。
キャンプ12




話したってわからないの。だってあたちもよくわかってないんだもの。
そういう時ってあるでしょう?

キャンプ13



そうそう、女にはあるのよね。ティーちゃん、ママにはわかるよ。




男にはないんだよ。僕は理由なき行動は断固許さないんだ!
キャンプ14



うんうん、ボンボンは石頭理論派のまじめ君だからね。ママにはわかるよ。



というか、そんなことより、ボンボン犬相変わってないかい?

いつもよりさらに爺くさいような・・・。


ボンボンはぬれるとかなり犬が変わります。ふんわりしているところが全部ペタンコ。

今回のキャンプ中はほとんどジジボンに変身しっぱなし。

きりっと顔してないと理論派ボンボンも説得力がないかも。


大雨キャンプ、まだ続きます。でもたいした盛り上がりはないです・・・。




お・ま・け   昨日は母の日でしたね。お姉ちゃんがお花とカードを作ってくれました。
キャンプ30
普通「お母さんいつもありがとう」とか書くんじゃないですかね?
まあ、ママは確かにおめでたい母ですから、ありがたく頂だいしました。
そういうママは母の日をすっかり忘れて、実の母に何もしていなかった・・・。
お母さんごめ~ん、ちょっと待っててね。



ポチっとお願いします。



20:49  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

予約しちゃえば、そしてキャンセル料も戻ってこないなら....決行しかないですよね。
うちも、わざわざ雨の中、しかもこっちよりも更に寒い中、軽井沢行って来ましたよ。

でも、キャンプ残念でしたねぇ。炭は使わずじまいね?
(ボンボンの練炭も使ってみたかったよねー(>_<))

ところでボンボンて、そんなにびびりんぼなんだっけ~。
腰抜け写真が、可愛かったな。

弾けちゃったティオさんと、それを停めようとしてる?!ボンボンの写真、これもサイコー。
でも.....そんなに道中は心配だったのね、ティオさん....(^_^;)
うちのはね、車に乗っちゃえば平和なもんなんだけど、乗るまでが不安で不安で仕方ないの。多分、そこはティオさんと似てるかも。
沢山の荷物を不安げに見詰め、あわただしく動く私やダンナの後をくっ付いてまわり、哀しげな声を上げてみたり....。おーい、なんど行ってるんだよー、なんですがね。

ねぇねぇ、バッテリーどうやって回復したんです?!
たまたま車が通ったんですか?!それ以外にも、手はあるんですか?!
JAF呼んだの?!(結構、必死な質問。。。アハハ(>_<))
りょうま | 2008年05月12日(月) 22:53 | URL | コメント編集

りょうまさん♪

わおっ!軽井沢なんてセレブですね!

ボンボンは大声や大きな音にはすぐに腰がぬけます。ビビリというか、とりあえず抵抗する気なしというのをアピールしている感じです。すぐ腰が抜ける割にすぐ復活するんですよ。小型犬ってそういうものなのかな?まだまだ謎です。

りょうちゃんもティオ及び私と同じ、心配性な女なのですね。
でもティオは車に乗っても「まだまだ油断できないわ」といった感じで、取り越し苦労の連続です。帰り道は大丈夫です。
ただどこからを帰り道とするかは、ティオさんの間違いだらけの自己判断のみ。

バッテリーはですね~、道の両側に私とだんなが立って、通行する車を止めまして、お願いしました。
でもその方は「では車修理工場に連絡します」と言って、行ってしまったのですよ。その言葉を信じて待つこと30分くらい。不安でしたよ~。
結局ちゃんと来てくれて、発電機?でエンジンがかかりました。回復作業時間30秒ほどで3000円。高いのか安いのか?

車を止めるのなんて生まれて初めてやりましたけど、けっこう止まってくれないものです・・・。くれぐれもライトのつけっぱなしに派ご注意ください。





ティオ松 | 2008年05月12日(月) 23:24 | URL | コメント編集

★雨

お帰りなさい。
アウトドアは、雨だとまるっきり違うものになってしまうので、当日までドキドキしちゃいますね。
でもカッパ着ちゃえば関係ないの~って感じで弾けているティオさんボンボンくん、かっこいい。

それにしても、なんかだ皆さん心配性とのこと。
私は、実は、ものすごく心配しない性なんです。もっと気にしなさーいって周りの方がイラっとするほどだと思う。注意力が低くて生き残れないタイプの生き物です。
原始人だったら、何の躊躇もなくフグ食べちゃうとか。たぶん、やっちゃうナー。
タイヤまで気を配るティオ松さん、えらい。
むーたん代理 | 2008年05月13日(火) 10:01 | URL | コメント編集

やっぱり親指突き出して「ヘイ、ストップ~」ってやったんだー。

実は自慢じゃないけど....雪の中の誰もいない観光地でライトつけっぱなしで30分。上がりかけて....滝の冷や汗をかいた事ありです。
うちは、ブースターだけは持ってるから、車さえ停まってくれれば...(^_^;)
あれは、持ってるほうがいいですよー。

むーたん代理さんは心配しない症なんですね?!
ちょっとばかし、爪の垢煎じていただきたいです(^_^;)
えーっと、ティオ松さんほどじゃあないんですけどね.....んん?!


りょうま | 2008年05月13日(火) 14:21 | URL | コメント編集

むーたん代理さん♪

ティオもボンボンもぬれたり泥だらけになったりするのは全然気にしないんですけど、私はと~っても気にします・・・。家中水浸しの泥だらけはちょっといやですから。

心配性じゃないなんてすごくうらやましいです。私の場合注意力があるとは決して言えず、心配していたことの9割以上が取り越し苦労で、無駄に人生すり減らしてる気がします。

肝心なところはぬけているので、おいしくフグをいただいて逝ってしまいそうです。フグならいい方で、おいしくもないきのこ類とかで逝くのはやだな~~。ああ、また心配になってきました。



りょうまさん♪

ブースター持っていたんですよ~。でも私たち夫婦が怪しかったのか、車から降りてくれなくて、そのまま去ってしまった・・・。怪しかったのはだんなの方だと思うんですけどね~、学童用の黄色の傘をさして立っている変なおっさんでしたから。

私は本当に心配性で、昨夜は風で物干し竿が落ちて家が壊れるというシーンを夢と現の間で想像し、寝た気がしなかったです。
だったら起きてどうにかすればいいものを、布団からは離れがたかった・・・・。
ティオ松 | 2008年05月13日(火) 16:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。