2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'09.27 (Mon)

読書の秋に犬本を!

こんばん~WAN!
今日は朝から雨です。寒いです。お天道様、やり過ぎじゃね?
と言うわけで、冬になる前に大急ぎで読書の秋に相応しい(?)犬本のご紹介を。

実は最近あまり犬本にめぐり会えないので、ずいぶん前に読んだ本もあり
三十路の衰えまくった脳を引っ叩いたり振り回したりして
なんとか思い出しながらご紹介したいと思います。

今回イチオシはこちら。りんごちゃん、よろしくね。


               わたし、まだ字は読めないのよぉ
inubu.jpg
ごめん、困らせちゃったね。


北里大学獣医学部に実在するサークルのお話です。動物保護のノンフィクション。
読む前は「動物愛護っつっても、結局は親のスネカジリちゃんたちの
片手間の愛護でしょ?」とちと舐めてました。
ところがどっこい、若者たちは頑張っていた!
動物愛護への熱意の温度差による仲間同士のいざいこざや、周囲との摩擦
それに学生の本分である勉学との両立などなど、問題てんこ盛りの中で
悩みながら、足掻きながら必死で動物を守ろうとしている若者たちに
とても感動しました。
こんな素敵な若者達が獣医の卵であるということがとても嬉しい。
これからも頑張り続けてほしいです。でも勉強もね♪

さてお次は・・・




10914.jpg


忠犬ハチ公の真実のお話、とか、です。実はあんまりよく覚えていません。
「心にしみるいいお話」的な感じなのでしょうが、目線が完全に人間よりで
犬側から見れば、そりゃひどいwan!そりゃないwan!という
感じがしなくもなくはない。人間の都合に振り回されながら
健気に忠誠を尽くすワンコのお話が多かったような気がします。


さて、お次!




mousupi.jpg


これ、ちょっと間違っちゃったの。てへ。
実際はこの本に納められている「サイドカーに犬」を犬本として
お薦めしたかったんですが、表題の「猛スピードで母は」も非常に好き。
しかし、ワンコは全然出てきません。
いろいろ間違えてるけど、表紙にワンコの絵もあるので、一応ご紹介をば。
でも、ぜひ読んでほしいので内容はないよー。
芥川賞作家の長嶋有さんの処女作が「サイドカーに犬」です、今調べてみたら
映画化されていたみたいです。ずっと女性だと思ってたんですよ、長嶋さん。
男性だと知ってびっくりしました。こんなの書く男性がいるなんてオソロシカ~。
さぁ、こんな紹介で読みたくなった人がいるのでしょうかっ?

申し訳ありません、お次です。



buiyon.jpg


コピーライターの糸井重里さんの愛犬ブイヨンちゃんの日常が
素敵な写真と少しの文章で紹介されています。
もうね、どのページも「うんまいこというねぇ、あんた!」と
背中を叩きたくなるような、とびっきりニクイ文章ばかりなの。
さすが日本一ギャラ÷文字数を稼いでる男の文章だね、と感心する事しきりでした。
それと…、写真には糸井さんご本人もよく写っているのですが
家の中でくつろぐ様子がやたらとおしゃれ!こんな少年のようなおじさんが家にいたら
奥さんは大変だね、と思いましたが、奥さんは樋口可南子さんですもんね。
ママが心配する必要は全くナッシングでした。
わが家と同じ「ワンコと生活」のはずなのに、こうまで違うか!と驚きやした。

はい、お次。



basenji.jpg

元ドッグトレーナーの女探偵が相棒の愛犬と一緒に事件を解決するお話です。
アハハハ、笑っちゃいました?
せっかくこんなオモロイ設定なのに、ふざけた話ではなかったです。残念。
アメリカのドッグショーの様子や血統のことなどが詳しく書かれており
へぇ、そんな世界があるのねぇということには感心しましたが
フィクションなので、どこまで本当のことなのかは不明です。
推理小説としても???結局どこまでも???
でも一応読んだのでご紹介をしたというまででございます。


お次は・・・


tiko.jpg


大好きなチコちゃ~ん♪です。
URLを貼り付けるまでもなく(←ただの不精)、犬ブログ人気堂々NO1の柴犬のチコの本。
チコちゃん、好き。大好き!


お次です。



10655.jpg


ずっと前にもご紹介したのですが、とにかく一番大好きな写真集です。
どのワンコも最高にかわいくて面白くて、いつ見ても&いつまで見ても飽きません。
老後寝たきりになった時に、これだけは枕元に置いておきたいと思っています。
ちなみに右側は文庫サイズのダイジェスト版(?)でママの所有です。
左側は図書館の本で、約16000円。でも初版はもっと大きな本で約80000円!
ほしい・・・ほしい・・・ほしい・・・ほしいよぉ

では、最後です。


100HIKI.jpg


ふく姉さんのブログで紹介されていた絵本です。
もうね、とにかくかわいいの!100匹のワンコに囲まれているお姉さんもかわいいの!
夢のような絵本です。落ち込んでいる時、怒ってしまった日、体調の悪い時に
この絵本を開いたら、ポワンとしてちょっと元気になれるかも。


読書の秋にちょっとでもみなさまの参考になれば幸いです。
でもね、最近ママは眠くて眠くてなかなか本が進みません。
夏の間も暑さを堪えて頑張って寝ていたはずなのですが
やっぱり体が真の眠りを求めているんでしょうねぇ。
しょうがないことですねぇ。

さ、寝ましょうか。


おやすみなさ~い☆
10993.jpg







あたちをクリックして!なの~♪
br_decobanner_20100508180750.gif


りんごちゃんはペロドッグズホームさんの保護犬です。
ringochan.jpg
優しい家族を待っています♪
預かり日記お泊りWANKOもよろしくね!


これ↓はポチっとしなくていいんです。とれないので、くっつけてます。何だこれ?
20:42  |  犬本  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

犬本もおもしろい本がたくさんありますよね!

私のおすすめは、犬本と言えるかわかりませんが
ハンス・ウィルヘルム『ずーっと ずっと だいすきだよ』です。

児童書の簡単な絵本ですが、とても心に残ります。
まだ読んでなかったらぜひ読んでみて下さい。
inoko | 2010年09月30日(木) 00:16 | URL | コメント編集

『100ぴきのいぬ100ぴきのなまえ』可愛いですよねe-266

他の本も面白そうですね!
読書の秋、メモメモですe-446

↑ソファを楽しむりんごちゃんもかわいいe-2
ふくちゃんの大胆さを奥ゆかしいりんごちゃんにおすそ分けしたいです(笑)。
ふく姉 | 2010年09月30日(木) 19:42 | URL | コメント編集

inokoさん☆

ずーっとずっとだいすきだよ、メモしましたぁ!
犬が好きで、本が好きなので、犬本には目がないです。
でもなかなか好みにぴったりくる本がなくて、
とりあえず手当たり次第読んでます。
犬を抱っこしながら、犬の本を読む。至福の時です~。


ふく姉さん☆

読書の秋、といいつつ最近眠くて眠くて・・・。ふくちゃんが毛布に包まれている
画像見たら、あくびがふわぁ~んと出ました。
欲求に素直に従って、寝まくってます。
まだ毛皮をまとった犬達はくっついて寝るのは暑いようで
みんなに逃げられているので、1人淋しく・・・。

ふくちゃんはヘソ天しても、やっぱり可憐ですよね~♪
それに比べてうちのティオさんは・・・時々「それでいいのか?」と言いたくなります。
ティオ松 | 2010年09月30日(木) 21:44 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。