2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'05.03 (Sat)

ママ寿命縮まる

こんばん~WAN!

わが家地方はあいにくの雨です。まあ今日は散歩もパパ任せで

ママは一歩も外に出ていないので、あんまり関係ないんですけどね。


本日は先週末起こった大事件についてのご報告。



いつものドッグランにみんなで遊びに行ったときのことです。

たいていどこかのワンちゃんが遊びに来てるのですが

その日はわが家の貸しきり状態でした。

ボンボンはいつものようにクンクンパトロールをしたり、走り回ったり

してマイペースに楽しんでいました。



見て見て、僕飛んでるよ!
僕的にはかっこいいと思うんだけど、ママは僕が走ると
「かわいいかわいい」って笑うんだ。失礼しちゃうな。
bonnhasiri.jpg
ぴょーんぴょーんと前脚そろえて跳ぶのがすんごい可愛いんですよ!←親ばか



その頃ティオ姉さんは




今日は誰も来ないのかしら。このあたちが寂しがってるって言うのに・・・。誰か
この日はボールを持っていくのを忘れてしまいました。
ティオさんは1人遊びが出来ないので、一通りのパトロールが終わると手持ち無沙汰です。
ボンボンは勝手に楽しんでるしつまんないわ、と入り口方向を見つめて動きません。





あ~あ、また僕だけシャンプーかな?
いやになっちゃうよ。
←このセリフを良く覚えておいてください。
ばっちい
ボンボンは外に出るとあっという間にばっちっちーになります。
たまにびっくりするくらい大きな小枝(ただの枝か?)が毛に絡まっていたりします。





その頃ティオ姉さんは




後姿ばっかりでごめんなさいね。あたちよ、ティオよ。アザラシじゃないのよ。
誰か2
すでに遊ぶ気ゼロ。完全待ち状態に入りました。



ボンボンは相変わらず1人楽しげにクンクンパトロール中。


くんくんくん。ん?くんくん。んんん?んお?!←んお?!って?悪夢の始まり・・・
ami.jpg





この後なのよ!大変なことが起こったのは。
ママったら鬼みたいな顔してたわ。あたちもどうしていいのかわからなくて
ずっと足踏みしてお姉ちゃんとどきどきしていたの。
大変




このドッグランはペット霊園の中にあるのですが、この霊園自体が山を切り開いた中にあり

ドッグランの周りも山と林とときどき墓地といった感じになっています。

なんとボンボンがドッグランのネットをくぐって外に出てしまいました。

いつもならボンボンは呼び戻し完璧なので、初めは「あらら」くらいな気持ちで

名前を呼んだのです。



しかし、ママの声をしっかり聞いて、顔もしっかり見た後、逃げました・・・。

あっという間に林の中に入って見えなくなりました。

お姉ちゃんとティオにはドッグランに残ってもらって

パパとママで名前を呼びながら走りました。

必死で走っていましたが、追っている方向があっているのかもわからなくなった頃

一声キャンと聞こえたので、急いで駆けつけると人の家の庭で走り回ってるボンボン発見。

林の斜面を駆け下りながら必死で「オスワリ!オスワリ」と命令。

ボンボンもどうしていいかわからなくなっていたみたいで、おとなしく座っていました。

とにかく無事確保。気が付いてみれば山を降りて、民家(?)まで来ており

その距離はかなりありました。でもボンボンにはずっとママの声が聞こえていた

はずなのに、何できてくれなかったんだろう?

それもかなりショックでした。


ドッグランに戻ると心配顔のティオが柵にへばりついていました。

お姉ちゃんがずっとティオに「大丈夫だよ」と声をかけてくれていたようですが

足踏みしてキュンキュン言っていたそうです。

心配かけて本当にごめんね、ティーちゃん。



帰り道に気づきましたが上には枝が張り出し、下には木の根っこがたくさん出ていて

普通に歩くのも大変なのに、あの林の中をよく走れたなとびっくり。

本当に肝が冷えました。寿命が縮まりました。

今でも思い出すと、背中がゾーっとしてきます。

ちなみに肝が冷え切った後には怒りが爆発しましたよ。

こうして書いている今も、怒りが・・・



君だよ、君!!


ママ、しつこいよ。今週は思い出し怒りばっかりじゃん。ネチネチネチネチと。ん?



スンマセン。でももうママを置いて行かないでね。

これからはどんなときでも呼び戻しOKの訓練だよ!





ポチっとお願いします。




21:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ボンボンたら......何を考えていたんだか....(^_^;)
決してママを裏切ったわけじゃないと思いますよ。
でも、なんだったんでしょうねぇ....。

以前、りょうも、ドッグラン状態のグラウンドで、ネットの外に犬がいて、しっかりしてると思ったネットからスルリと抜けて犬を追いかけて外へ出てしまったことがあり、本当に生きた心地がしなかったです。その時は、なんとか近くにいて呼んだら出て来ましたけどね....。ほんと、今思い出しても、腰が抜けそうというか、足ガクガクというか...二度とあんな思いはしたくないって感じです。
何があっても、どんな事があっても、どんな状況であっても、呼びが効く....という子にしたいですが.....まだまだ目標には遠いです。

しかし、ボンボン.....なーんだ走れるんだねー。
ママに心配掛けちゃダメじゃないのぉ.....!!
りょうま | 2008年05月03日(土) 22:22 | URL | コメント編集

★ドキドキ

わー、大変でしたね。
人が他にいるときでよかった。
ティオさんも心配だったんですね。
広い山の中だとどこ行くか分からないし、街なかでも車がいるし、
もしものことを考えると、怖い。怖い。

呼び戻し・・・。
むーたん、まだまだまーだまだ修行中です。
むーたん代理 | 2008年05月04日(日) 09:04 | URL | コメント編集

りょうまさん♪

本当に足ガクガクでした。
ボンボンを追って走っているとき、走馬灯のようにいろんな情景(迷子のビラ配りしてる様子とか、泣きながら走り回ってる様子とか、まったくの架空)が頭に浮かんで、一瞬「あたしは死ぬんかい?」と思ったくらいでした。

ボンボン、やっぱりまだまだ未知です。すっかり信用していたのに、ちと甘かったぜぃ。
男ボンボン眉毛の下で何を考えているのやら・・・。
基本中の基本ですが、呼び戻しはほんと難しいです。トホホ



むーたん代理さん♪

山の中で、しかも降りたところは車道だったので、ほんとに寿命が縮まりました。
人生何が起こるかわからないなぁとしみじみ痛感。

そういえばむーたんもドッグランではかなりマイペースでした。
男の子の方が、夢中になると親のことをすっかり忘れるのかも・・・。

家の中で遊んでるときに名前を呼んでも無視で、目の前に行って「これ、むーたん」と言われて「わぁ、びくりさせないでよ!」なんてこともけっこうありました。
夢中になっちゃうと周りが見えなくなっちゃうのかな?

まあ、ボンボンは知っていて無視して逃げたんですがね・・・。くそ~~~!
ティオ松 | 2008年05月04日(日) 21:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。