2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.14 (Thu)

ちと落ち込み中

おはよ~WAN!

また言っちゃうけど、寒い!

今朝は雨戸が凍ってました。

それを見た時点で、これから始まる一日の“やる気”をすでに削がれた気分。

起きて2分でやる気ゼロになったってわけ。あはは。


さて、月曜日に起こった事件のお話です。


10154.jpg


今朝もこんな風に↑みんなで仲良くストーブにあたっていたこどもたちでしたが

この風景がどれだけありがたいことかとしみじみ思い知らされました。

月曜日の夜のティオさんの様子。



     わ~い!あたちご飯をモリモリ食べるの~
10153.jpg


ご機嫌で座ってますが、腕のとこに貼ってあるのは注射のあとの絆創膏です。

夕方のお散歩の時、ゴムボールを丸呑みしてしまいました。

ふにゃふにゃでテニスボールくらいの大きさのボールがティオは大好きなんです。

すぐに壊れるし、するっと口に入ってしまい大変危険なので

わが家には1個も置いてませんし、ドッグランに行っても、まずはそういうボールが

落ちていないか確認するのが親たちの役割です。

しかし、先日はお散歩中によくお会いするおばちゃん(+大型犬2頭うち1頭は黒ラブ)が

ボールを持っていて、他にワンちゃんがいなかったのでボール遊びをする事になったのです。

案の定、すぐにティオが咥えて離さなくなりました。

よそ様のボールということで、無理やり引っ張って壊してしまうのもはばかられていた所

おばちゃんが「じゃぁ、おやつと交換ね」とポケットからおやつを出した途端

ティオは大急ぎでボールをゴックンと・・・。


ちゃんと「うちの娘は飲みこむかもしれないのでそのボールをしまって下さい」と

お願いするべきだった。

ティオが咥えたら、離すまでボールから手を離しちゃいけなかった。


休日だったのでお散歩はパパが連れていったのですが

多分ママでも同じような展開になっていたと思います。


幸いまだ診療時間に間に合ったので、とにかく急いで動物病院に駆けつけました。

吐き気をもよおす注射を打ってしばらく待ちましたが

お腹にボール以外のものが入っていなかったので上手く吐き出せず

次に缶詰のフードと一緒に薬を飲ませて、無事にボールは丸のまま出ました。

という事件でした。


その場での対応の仕方がまずかっただけではなく、いろいろ反省の多い事件でした。

日頃からちゃんと「離せ」のコマンドが徹底していれば起きなかった。

それには人間がリーダーとしてティオをコントロール出来ていないといけなかった。

ママにとって(パパにとっても)ティオはかわいいかわいい大事な娘で

わがままな所さえ“困ったかわい子ちゃん”なんて思っていましたが

そんな風に甘やかして、本当に困った事になるのはティオ本人なのだと気づきました。


ふぅ。まいった。


しかしティオはいたって元気で、吐き気が止まった途端ごっはん♪モードに

なったので、ほっとしました。

先生には「レトリーバーは何でも食べるので気をつけてください、このボールは没収です」と

言われ、さらに「お腹が空いているとまたナニを食べるかわかりませんから

今日もご飯は食べさせてください。でも8分目ほど」と言われました。

もぅ・・・、ティオさん、どんだけ~?とほとほと情けなくなりましたよ。


これからティオには毅然とした態度で接し、いざという時に危険を回避できるよう

生活全般において見直しを検討することにしました。


と言っても・・・、難しい。

ティオは頭は悪くないと思うのですが、繊細で感情に左右されやすく理性が飛びやすい・・・。

とにかくすべてをあたちのことを好きか嫌いか?で判断しようとし

ティオ的に嫌いなのねとなると、落ち込んで殻に閉じこもるのです。

そういう性格のため、今までは「蝶よ花よ」ってな教育方針(?)できましたが、シニアに突入し

“わがまま”に“頑固”が足されはじめ、ますます基本的な服従訓練の必要性が出てきました。

やっぱりラブラドールは難しい、ママの手に負えるようなワンコじゃなかったのか?なんて

根本的な悩みにまで発展しそうになり、まずは平常心!と自分に言い聞かせています。

大大大好きなティオのために頑張らねば!



ところでフニャフニャボールは胃に入ると酸で硬くなり、大変危険なんだそうです。

パパは「そのうち出てくるだろう」なんて言ってましたが

すぐに病院に連れて行ったことだけは正解でした。

ティオは今もとっても元気です。

写真が途中から全然アップできなくなってしまい、その姿を見せられないのが残念です。

憎ったらしいくらい元気で、食欲も旺盛。

こんにゃろ!


長々と、ダラダラと書いてしまいました。

読んでくださってどうもありがとうございました。


08:45  |  ティオン  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★NoTitle

いつものティオさんのダイナミックなおいたなのかと思ったら
とっても一大事だったんじゃないですか!
でもボールが出てきて良かった。

大型のワンちゃんは誤飲事故がとっても多いそうですね。
盲導犬のボラに行った時にも、子供用の靴下を飲み込んじゃった子の話を聞きました。
やっぱりお腹を開けて取り出したそうです。
ティオさんがそこまでにならなくて本当に良かった。
苦しい思いをしたのはかわいそうだったけど、でも口から出てきてくれて良かったね。

「こどもたち」に何かあると、どうしても自分を責めてしまうけど、
起こりうる何もかもを予測するのってとっても難しい。
起こってしまってから反省・・・の連続です。
私も大事になってしまったことが一件。
小事で済んだけど肝を冷やしたことは数知れずあります^^;
可愛い「こどもたち」のために、出来る努力と、正しい判断のできる
「親」にならねばなぁ~と思う毎日です。

でもティオさんの回復力にはビックリ!
それでこそティオさんだ~。
次は元気なゴッドマザーティオの姿を待ってるよ~。
tramplady | 2010年01月14日(木) 11:52 | URL | コメント編集

★NoTitle

大変でしたね!!
でも、お腹を切る事もなく、吐き出せて良かった~
すぐに病院へ連れてったのも良かったのかも。
うちのナナも元気な頃は、気付かないうちに色々な物を呑みこんでくれましたよ・・・
幸い、いつもおしりから、出してくれたので大事には至らなかったのですが。
呑みこんだのを気付いていれば、病院にもすぐに連れて行ったのですが、いつも出るまで気付かずに・・ビックリ!でした~
私も毎回、反省してましたヨ★

ティオちゃん、元気で良かった♪
ナラモルの母 | 2010年01月14日(木) 20:23 | URL | コメント編集

★NoTitle

お久しぶりです。クロニカです。
いつも読み逃げばかりでごめんなさい。
でも、今日は一言☆

そんなこともあるのだなと恐ろしい気持ちと、
僕たちワンコ達への接し方を考えさせられる事件でした。
僕のお母さんにとっては、もっといろいろ感じさせられた記事でした。
いや~ティオさんって性格が僕のお母さんそっくり!!
僕んちのお母さんはもっとわが魔魔!!
それでいてすぐに落ち込んじゃう。。でも、すぐに食い気が。。!!

僕のほうが、生活全般において見直しを検討することにしました。ああ。。お母さんがしっかりしていないから、僕がしっかりしなくっちゃ!

それにしても開腹手術とかならなくて良かったですね。
大事な子供たちになにかあったら、僕のお母さんは
冷静さを失くすでしょう。

もし、いつかこのようなことが起こったら、どうすべきか?
ここで教えてもらいました。
病院のことだけでなく、ワンコと親の関係をね。
ありがとう。
ティオさん、元気でなにより♪





クロニカ | 2010年01月15日(金) 10:10 | URL | コメント編集

★大事に至らずよかったです

ティオさんもママさんも大変でしたね。
今元気とのこと、なによりです。

落ち込む気持ち、よ~~~~~~く分かります。
恥ずかしながら、ドビーでそれ系のことを一通り
経験しました。
気をつけても、気をつけても、ビックリするような
ことがおこります。そして、当のワンコはちびっとも
凝りません。
コマンドなんて、普段どんなにしっかり聞けても、
いざ夢中になっちゃったら、聞く耳なし。
とにかく先回りして危険を排除していくしかない
状態です。
うちも、お友達のおもちゃを一緒に遊んでいて、
そちらの飼い主さんが、もう1つカバンから出した
ときにとっさに飲み込んでしまったことがあります。
次のが欲しかったんですね。で、口の中にある1つを
飲み込んだと。
ティオさんも同じような状況だったようですし、
ワンコの心理からしたら、至極当然ナチュラルな
行動だったのかもしれません。
わたしも、自分なら絶対に与えない大きさと種類の
おもちゃでした。あぶないなあと思いつつキチンと
相手に言えなかったことを後悔しました。

とにかく無事で本当によかったです。
きっと今のままさんの気持ちが、今後のティオさんの
安全を確保する大きな支えになると思います。
前向きにがんばるままさん、素敵。

むーたん代理 | 2010年01月15日(金) 10:58 | URL | コメント編集

★NoTitle

trampladyさん☆

ありがとうございます。ティオが、世界一アホでかわいいティオが元気にしていてくれて、しみじみ嬉しいです。
そして今もフツフツと怒りが沸いてきてます・・・。ティオにも。
パパにも。

またまた寿命が縮みました。パパが「大変なことになりました」と帰ってきて、敬語になってる時はいつもろくなことがないので、今度はなんだ?と思ったら「ティイオがボールを丸呑みしました」と。
一瞬のうちに今までの人生(私個人の)が走馬灯のように駆け巡り、私が死ぬかと思いましたよ~。
娘はお転婆ではなかったので、怪我などで焦ったことはほとんどないのですが、ティオには本当にひやひやさせられます。
あ、ティオも一応女だから娘だった・・・。

今、ボンボンのありがたみをヒシヒシと感じてます。階段が降りれないとか、金縛るとか、なんたるかわいい僕ちゃんだろう!
どうかいつまでもママのそばで金縛っていておくれ、と祈っています。



ナラモルの母さん☆

最近すっかり大人になって、いたずらはしなくなりましたし、普段の生活では意思疎通もばっちり、のような気がしていたので、いろんな意味でショックでした。
ラブってやっぱり大変なんだ!最高にかわいくて面白いけど、やっぱり気を抜いてちゃいけないんだ!と改めて思いました。

ボールを飲んでから、病院に行って、吐いて、家に帰ってきてという間、私はずっと動揺しまくりだったのですが、ティオは「またまたお出かけ?ママの様子がおかしいけど、気にしないの~」とちょっと嬉しそうでした。アホ!
丸呑み=ママ動揺ということはさっぱりわからないんでしょうね。
赤ちゃんだと思って、いろいろやり直します(泣)。



クロニカくん☆

クロニカ君、おばちゃんもいつも読み逃げしてるんだ、ゴメンね。
クロニカくんのママはティオに似てるの?それはクロニカ君も苦労が多いねぇ(笑)。
ティオがお母さんに・・・想像しただけでも楽しくなっちゃいますよ♪

ティオはもう大人だから、お気に入りのボールを離さなくても、まさか丸呑みするとは思いませんでした。
多分おやつを食べるために「急いで口の中をカラッポにしなくちゃ!」と考えたんだと思います。本当のアホなんです。
ティオにはいつまでたっても赤ちゃんみたいなところがあることを忘れてました。

ママだけじゃなくて、パパも、お姉ちゃんも、心を入れ替えて「赤ちゃんティオ」に教育をしたいと思います。
クロニカ君も気をつけてね!ママにもよろしくね!!



むーたん代理さん☆

ありがとうございます。またまた寿命が縮みました~。
一気にシワシミも増えたような・・・。
しかしティオさんはツルンとした顔をして、黒光りしています。
こんにゃろ~!このツルツル坊主め!!

理想は、普段はダラダラでもいざという時はコマンドが
バシッと聞けて、目と目で通じ合い、そしてにっこり・・なんですが、
実際は普段もダラダラ、いざという時には親の事なんて眼中になしです。

今回はラブラドールを連れている方だったので、パパは油断したんだと思いますが、よくお会いする方で、それこそワンちゃんとばっちりアイコンタクトをとってびっちりしつけていらっしゃる方で、まさかこんな事になるとは思っていなかったんだと思います。
ラブなどの大型犬を飼うならば、それが当たり前なんでしょうね・・・。
ドビー君のお話をうかがって、ちょっとホッとしている場合じゃないのかな?

落ち込むは、反省するは、老け込むは、怒りは沸いてくるは、で三十路の心は忙しく揺れております(笑)。
前向きどころじゃないんですよ。後ろに向かって全速力で走ってる気分です。
日記では目標、いえ、夢を語ったんです・・・。いや、やる気はあるんですけどね、難しくて。

お互いに頑張りましょう!!
むーたんとボンボンがついてますもんね♪


ティオ松 | 2010年01月15日(金) 15:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。