2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'12.03 (Thu)

ナナコ好き好き

こんにち~WAN!

雨が降ってるYO!洗濯物が乾かないYO!

落ち葉がテラスにたっぷりべっちょり張り付くYO!YO!

だけどママはご機嫌さっ!ナゼだYO?

と初の試み、ラップ調で始まった本日。ラップだったの?というツッコミはなしでよろしく

ママがご機嫌なのは、ある女の子の大活躍を知ったからです。

50mをとにかく早く走ろう!というスポーツ、ドッグレースで4.93秒という

すごい記録をたたき出したナナコちゃんです!



      はじめまして!3歳のピチピチイケイケギャルよ!
91215.jpg
といってもこの写真は1歳の時のものです


いいお顔してますでしょう!最高に素敵な娘なんです。

以前わが家でお預かりしていた元保護犬ちゃんで

今は優しいパパとママに愛され、幸せいっぱいで暮らしています。

まだボンボンがいない2007年3月3日、わが家にやってきたナナコちゃんは

こ~んなに小さかった。



       あたち、この頃はひなちゃんって呼ばれてたんでちゅ
912110.jpg


わずか2.6㎏でやってきたナナコちゃんは、ホニャホニャして耳もまだ立ってませんでした。

お母さんキャラとは程遠いティオのおっぱいを吸おうとしましたが、もちろん吸えず

ママのフリースズボンのポケットを引っ張り出してチュパチュパしてました。

つまり現役バリバリ3ヶ月のパピーちゃんでした。


いつも誰かとくっついていたいんでちゅ・・・なんて言ってた頃もあったでちゅねぇ
91210.jpg
お姉ちゃんもまだ1年生でした・・・今より素直でわかりやすかったなぁ


抱っこ抱っこの甘えん坊で、お姉ちゃんともとっても仲良しでした。

でもね!



絶対に負けないんでちゅ~~~~   ちっちゃくてやりづらいの~
91211.jpg


ナナコちゃんは幼少のみぎりから、めっちゃ強かった!

運動神経抜群な上に不屈の精神、さらに高速回転頭脳を持ち

毎日果敢にティオに挑戦していました。

挑戦相手はティオだけでなく、家中の人間、布類、紙類、おもちゃ、家具など

とにかく目につくあらゆるものに挑戦、つまり飛びついて噛み付いて引っ張って

壊すというおっそろしい娘でした。ちなみに愛称はピョンガブ娘でした。


        きゃはっ☆
91212.jpg
あぁ、ティオだけは今と変わらずアホだった・・・


モリモリ食べてどんどん成長し、その破壊力も驚異的にアップ。

さらに非常に頭がよく、誰に何をしたら一番困らせることが出来るのかということを

よーくわかっていたところなんかも、彼女のすごい所でした。



      1人静かに本を読む・・・なんてことはなかったわ!これはヤラセよ
91216.jpg


和犬の性質が濃いのか自立心旺盛で、2月もたつ頃にはあまり人に頼ることがなく

自分の楽しみは自分で見つけ、1人で楽しんでいることも多かったナナコちゃん。

あとはとにかくティオを追い掛け回し、プロレス三昧の毎日でした。



91214.jpg


力では若干ティオが勝ってはいるものの、すばしっこさ、そして迫力と執念深さでは

すでに月齢6ヶ月の頃からナナコちゃんに負けてたかもね。

でもイヤヨイヤヨと言いつつもティオはナナコちゃんが大好きで

2人はいつもじゃれ合ってもつれ合って、寝る時も一緒でした。



91213.jpg
あれ?なんか写真が縦長になってます


ナナコちゃんが巣立った後、ティオは1月くらい落ち込んで暗かったんです。

そしてその後、ティオが預かりっ子に自分のほうから積極的にアプローチすることは

ありませんでした。

ナナコちゃんが行ってしまった時にティオは何かを考えたみたいです。

仲良くしても、いつかはみんな出て行っちゃうのと思ったのかな?

もちろん預かりっ子の方から近づいてきてくれれば、今でも遊ぶ気満々のティオですが。


1年後に遊びに来ました~17キロになったのよ~姉ちゃんと体高は変わらないのよ~
でも体型は全然違うのよ~全然おでぶじゃないのよ~

91217.jpg
相変わらず動きが激しくて正面写真撮れず・・・オソルベシナナコ!


ママにとっても初めてのパピー、とんでもないやんちゃ姫、預かり期間4ヶ月と長く

わが家で10㎏も成長した、思い出深いナナコちゃんです。

実は巣立ってからも一番心配していたのがナナコちゃんです。

甘え上手な子じゃなかったし、とにかくやんちゃでさらに聞く耳は全く持たず。

「こんなことでかわいがってもらえるのだろうか」と不安でした。

ママはとんでもない思い上がりで「この子のかわいさをわかるのはママだけかも」

なんて錯覚してしまっていたんです。昔からバカモノでした。



           僕、怖いのよ   オチビなおっさん、出てきなさい
91218.jpg
ボンボンは動きの激しいナナコちゃんが怖くてダンボールハウスから出てこられませんでした


ママの心配は全く無用でした。

動くのが大好きなナナコちゃんは、毎週ドッグランでガンガン走っているそうです。

ドッグレースにも出て大活躍し、パパとママを感動させているそうです。

素晴らしい!嬉しい!最高!!!

元々ネガティブ思考で超後ろ向きなママはいつも余計な心配ばっかりしているのですが

預かった子はみんな「これしかありえない!」と思うような良縁に恵まれて

新しい家族に愛されて幸せにしています。

ワンコはいつも自分でがっちり幸せを掴んでくれます。

そしてワンコを愛する素敵な人がたくさんいます。

嬉しいYO!最高だYO!こんな時は祝杯をあげるものなんだろうYO!

でもママは下戸だぜっ!だから寝るんだYO!YO!

最後もラップ調で締めてみました。




ちょっとこちらをみてみてください!
10月31日のトップ賞がナナコちゃんです。写真もあります。
すっごくナナコちゃんらしい不適な笑いをしています。これが彼女の素敵なところ!

2009年間ランキングではナナコちゃんは38位ですが、これってすごい数字です。
ナナコちゃんが4.93秒で38位、1位の記録が4.26秒ですから、その差0.67秒です。
どれだけ熾烈な闘いが行われているかわかりますでしょう。
さらにすごいことは上位はほとんどウィペットでたまにイタリアングレーハウンドがいるくらい。
ナナコちゃんの前も後ろもウィペットだらけの中、唯一のミックスです。
走るために作られた犬の中で、堂々の記録を保持するナナコちゃんに
最大の敬意と賞賛を捧げます!!ナナコブラボ~~~!!!
そして、今さらながら「そんな子相手にママもよくがんばったよなぁ」と
自分で自分を褒めたいと思います・・・。
ナナコちゃん、また遊びに来てね。おばちゃんも走るところを見に行くよ!

13:31  |  お友だち  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ナナコちゃん始めまして~こんちわぁ~ロイぱぱですぅ~あははぁ~

何がナナコちゃんを走らすんでしょうか??
ロイもそういう~本能というか・・・なんか・・・ないんでしょうか??(-。-;)
ロイぱぱ | 2009年12月03日(木) 17:26 | URL | コメント編集

★NoTitle

預かり犬の初めての子がナナコちゃんだったんですね~。
巣立った子のこういうグッドニュースは嬉しいですね。
そして、こんなにのびのびとナナコちゃんらしく
いられるのは、何より、周りに優しい方々がいたからですね。
ティオ松さんや新しい飼い主さんがすばらしいですっ♪

ティオさんが預かりワンコちゃんとの接し方を
学習しているあたりにキュンとしてしまいました…

ボンボンくんは…やっぱり逃げてる?
ボンボンくんらしいよねぇ(笑)
hokitakuro | 2009年12月04日(金) 17:34 | URL | コメント編集

★NoTitle

ロイぱぱさん☆

十犬十色ですね~。ナナコちゃんはすでに3ヶ月の頃から、目が覚めている間には止まるってことがないくらい、とにかく走り続けていましたからねぇ。天性のものなんでしょうね。
でもシュナは比較的活発な子が多いですよね。ボンボンもいつものドッグランにいつものメンバーしかいなければめちゃくちゃ走りますよ!
ナナコちゃんと違ってピョンピョン走りで速いとはとても言えませんが・・・。
ロイ君は個性的なんですよん♪私はおっとりロイ君が好きですよ~。



hokitakuroさん☆

初めての子犬がすごくパワフルな子だったので、いい勉強になりました~。「ナナコに比べればまだまだ」と頑張る動力にもなりましたしね(笑)。
ワンコのいい所を伸ばすのも殺してしまうのも飼い主さんにかかってますから、ナナコちゃんは本当に幸せですっ!
もう嬉しくて嬉しくてこのグッドニュースでしばらく酔っぱらっていられそうです♪

ボンボンはこの頃↑はまだわが家にもあんまり馴染んでいない状態で、誰にも助けを求められず、粗末なダンボールハウス(涙)から出られなかったんですよ~。かわいそうな僕ちゃん・・・。
ティオ松 | 2009年12月04日(金) 21:57 | URL | コメント編集

★NoTitle

な、なんちゅう可愛い、ぬいぐるみみたいなワンちゃんでは
ないですか~。
ちょこんとお座りしてる姿が超超超可愛い~~!!

預かってた子に新しい飼い主さんが見つかった時もそうだと思うけど、
こうやってその子が幸せになった姿を改めて見ることができた時って
きっと預かりさんをしていて良かった~って思う瞬間なんでしょうね。
あちこち齧じ齧じされた苦労も報われるってもんですね。
tramplady | 2009年12月05日(土) 21:59 | URL | コメント編集

★NoTitle

trampladyさん☆

本当にめちゃくちゃかわいくて、私も初めはぬいぐるみかと思いました!
初めは。
ほんの1,2時間でぬいぐるみじゃないことがよ~~くわかりましたよぉ。この子は布類が好きで、袖口、ズボンなどがいつもビリビリになってました。
ズボンにしがみついて離れず、ワンコ1匹くっつけたまま歩いていたのもいい思い出です。今となっては本当に何もかも楽しくてキラキラした、いい思い出です。
今となっては。

預かりっ子が幸せな様子を見るのは、何よりの喜びです!
ティオじゃないですが「仲良くしてもいつかはみんな行ってしまう」というような気持になることも正直ありますが、幸せな姿を見るとやっぱり預かりしてて良かったなぁとしみじみ思います♪
ティオ松 | 2009年12月05日(土) 22:21 | URL | コメント編集

★すごーい!

すみませんねぇ、コメント連続技・・・へぇへぇ。息切れ。
ななこちゃん、スピードもすごいけど・・・すごいけど・・・こんなことで感激して申し訳ないんだけど・・・
50mもよそ見しないで走れるなんて、すごーい!あははー!

ティオちゃん、再会してどんな気持ちだったんでしょうね。3ヶ月のパピーの時から
ずっと一緒にいたんだったら、自分の子どもくらいに思っていたのかなぁ。再会できて良かったですね!

実は、和犬の自立心には、まだちょっとドキン☆としちゃうんですよね~。
ななこちゃんのこれからの活躍と幸せな毎日を願ってますYO!
フィガロまま | 2009年12月06日(日) 19:40 | URL | コメント編集

★NoTitle

フィガロママさん☆

いやいや、私も「真っ直ぐ走るのはどうやって?!」とまずは思いました。
でもナナコは小さい頃から「走るために走る!」というようなところがあったので、こんなタイムが出せたのかなぁと思います。
ティオのように「食べるために走る!」ではないですからねぇ・・・。

純和犬と暮らしたことはないのですが、ナナコはとても自立心旺盛で、月齢5ヶ月になる頃には大抵のことを一人で解決しようとしてました。ベタベタされると露骨に嫌がってました・・・。
その割には1人になるのはイヤで「あたちの目の届く範囲にいろ!しかし手の届かない範囲に控えていろ!」みたいな、難しいお嬢さんでした。
でもそれはそれで面白くてかわいくて、結局嫌がられながらベタベタと・・・。
ティオ松 | 2009年12月07日(月) 08:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。