2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.16 (Fri)

ティオ松善吉誕生!

こんばん~WAN!


ペロドッグズホームのHPやFB、ママのインスタををご覧の方は
ご存知だと思いますが、改めてこちらでご報告させていただきます。

善吉くんに本当の家族ができました。
えぇっと、善吉はうちの子に、ティオ松善吉になりました。

・・・厚顔無恥が売りの(?)ママですけど、この度はお恥ずかしくて
顔から火を噴きつつ、潜伏するための穴を掘ってます。
「預かりっ子をうちの子にすることはありません、善吉も例外ではありません」と
この2年言い続けてきましたからね。
変な誤解を生まないためにも、自分自身に言い聞かせるためにも
超真顔でクールに「いずれ巣立たせますから」って言い続けてきたのに。

アレかな、アレみたいな感じ。
「ねぇ2人は付き合ってるんでしょ?」「告白はどっちから?」とか周りに囃し立てられても
「あいつとは友達よ、これから先もずっと親友。いい彼女が出来たらお祝いするし」とか
言ってたのに、ある日突然「私たち、できちゃった結婚します」って発表した感じ。

あ、できてませんけどね。結婚じゃなくて養子縁組ですしね。
言うまでもないでしょうけど。

16397.jpg

ママの気持ちなどどうでもいいので、預かり日記には書きませんでしたが
うちの子にするまでには、悩みに悩んだんですよ。
わたこもだけにはそこら辺のことを長々と書かせていただこうと思います。
どーでもいいお話なので、スルーしてくださって全くかまいません。
今後も続くであろうバタバタブログの進行に何の支障もありませんので。

まず考えたのは・・・
ママやパパ、お姉ちゃんの年齢や健康状態、生活スタイル、それに経済状況。
現在だけでなく、幼犬の善吉ですから今後10年以上の変化も踏まえて思案。
無理ではない、このまま順調に予測した通りに変化すれば全然イケるけど
でも大型犬がいることで諦めなくてはいけないこともある。
それをどう天秤にかけて考えるか・・・
・・・というようなことはね、実は早々に踏ん切りはついていたんですが
やっぱりティオボンのことがね。

ボンボンはもともと犬嫌いで、超ママっ子。12歳と言えば堂々シニア。
ティオは犬嫌いではないけど、もう静かに過ごしたい14歳シニアで闘病中。
善吉を巣立たせたら預かりボラはお休みしようと思っていたんです。
ティオボンのお世話だけに集中して、静かな毎日を過ごそうと思っていたんです。

ティオボンにはもう何も教えることはなく、生活はスムーズで静かに毎日が流れますが
預かりっ子がいる間は、やはりバタバタしたり緊張したり、たまに荒んだりもするんです。
ママにとってはそういうことがまた楽しくてしょうがないのですが
シニアのティオボンには楽しいことなどちっともありませんから
いつも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

15042_20160916201907a71.jpg

これまでも長期滞在した子たちとの別れは特に、本当に辛かった。
しばらく泣き暮らしたと言っても過言ではないほど悲しみに打ちひしがれましたが
でも今も無事に生きていますし、その後に新しい預かりっ子も迎えていますから
善吉と別れても、いずれ自分は立ち直るだろうということはわかっていました。
だから全然応募がなくて滞在が長くなっても、巣立たせる気持ちでいたんですよ。
でもね、ふと家の中を見てみたら・・・

16363.jpg

犬嫌いのマザコンが、でっかい弟と並んでグーグー寝てるし。
静かに暮らしたいティオは・・・

16349.jpg

善吉の横で静かに穏やかに休んでるんですよ。

あれれ~?って感じ。
でもそういえばもう、家の中で善吉に教えることは何もなく
ほぼ滞りなくスムーズに、毎日は静かに過ぎているではないか?!
シニアのティオボンより善吉の方がずっと落ち着いてるし、吠えないし、
何より、善吉ってば一日中寝てばっかりだし。

預かりっ子を引き取ることがあるとしたら・・・
噛むなどの問題行動や重篤な病気を発症したなどのやむを得ない場合。
そのためにもわが家のワンコ許容量3つ分は常に確保しておかなくてはいけない。
だからこれ以上ワンコを増やすことは絶対にするまい!と思っていました。

さぁて、ここで問題です。
善吉を無事に巣立たせたら、預かりボラはやめる。
そうするとわが家にいるワンコは何個でしょうか?
3--1=2
あれれ?2個て?許容量の3個にはまだ1個余裕がありますねぇ。
その1個分のとこに善吉を入れればいいんじゃないかしらねぇ。
・・・と、考えたのかどうかは定かではありませんが、
いろいろ悩んで、ママの頭はもうパンクしてましたねー。

今後ティオの病状が進めば介護は大変になってくるかもしれない。多分なる。
ボンボンだって近い将来、もっと手がかかるようになるはず。
善吉だって、もしかしたら何か問題が出てくるかもしれない。
でもママが何とかすればいいんじゃん、と決めればいいんじゃん。と思ったんですよ。
できるかできないか、じゃなくて、やると決めればいい。
ティオボンを幸せにしながら、善吉と離れずにいて、さらに善吉も幸せにすると
ママが心に決めて、頑張ればいいんじゃん、という考えに至った・・・のかどうか?
パンクしてたんでねー、そこら辺の思考の流れはよく覚えてないんですけど
直接のきっかけは、予防接種の時期を考えていて、あぁもうあたし限界かな?と
ふと吹っ切れたという、そんなものです。

まずパパとお姉ちゃんを説得しなくては!と意気込んだんですけど
2人ともニヤニヤした顔で「あぁ、そう。別にいいと思うよ」って。
多分、そういうことになるとわかってたんでしょうね。
ママはものすごい意を決して重大発表をしたつもりだったのに、あっさり合意。

その次は団体のスタッフにオソルオソルお願いしてみました。
そちらも特に問題なく了承を得ることが出来ました。
けっこう思いつめ、どんな障害だって乗り越えてみせよう!というような決意で
臨んだのに、あっさり決まって、ホッとするとともに
アレレー?あたしでいいのー?もっとみんな考えた方がいいんじゃないのー?
と、返って不安になったくらい。

それからは焦りましたー。
もう長らく善吉には応募も問い合わせも皆無でしたし、別に先着順でもないのに
「善吉を他に取られたらイケナイ!」と、焦りまくって、超特急で正式申し込み
振り込み、鑑札登録、マイクロチップの申請などの手続きを済ませ
ホームページで発表し、善吉は晴れてうちの子となりました。

ちなみにその間も、応募・問合せは皆無でしたけど。
それから途中、スタッフの一人が北海道旅行に行っていて
なかなかお返事がもらえずヤキモキしましたけど
今となってはもう別にいいんですよ、マロココさん。

いやぁ、感慨深いです。
まさか自分が秋田犬の飼い主になるなんて。
善吉と実の親子になれるなんて。
もう別れなくていいなんて。
ずっと一緒にいられるなんて。
ねぇ、善吉も嬉しい?

16396.jpg

そう、実質的に生活は何も変わってないんですよ。
散歩してご飯食べて寝て、遊んで、いちゃついて。
でもね、ママの心持が全然違うの。

預かりっ子といる時は、楽しい時も大変な時も、
いつも悲しみと不安がちょこっとあった気がするんです。
いつかは必ず別れなくてはいけないという悲しみと
この手を離れてしまえばどうなるかわからないという不安が
いつも何をしていても頭の片隅にあって
刹那的というか悲劇的な気分がぬぐえないこともありました。
それがもう!別れなくていい!手離さなくていい!と思ったら
何だか妙に嬉しくてね。

ボラを始めた10年前にはそんなことはなかったんですよ。
別れは辛かったけれど、次の出会いへの期待で相殺されていた感じ。
預かり期間も今よりずっと短くてポンポン譲渡が決まっていましたしね。
でも年齢のせいでしょうかね?ママだけじゃなく、ティオボンの年齢もね。
それと積もり積もった悲しみのせいかな。何かかっこよく決めちゃったかな。

善吉だけにビビビッと運命を感じたという訳ではないんです。
これまでの預かりっ子たちのどの子がうちの子になっても良かったと思う。
でも2年超というかつてない長期預かりに、ティオボンのタイミング。
それから梅吉の死で、譲渡先を決める自信や
巣立たせる勇気がなくなっていたということもあったかも。
その前に最低限と思われる条件を満たした応募もなかったんだけどね。

とまぁ、そんな感じで善吉をうちの子にして
新婚ホヤホヤカップルみたいなウフフアハハの毎日を過ごしています。
しかしもう一度言っちゃいますけど、実質的には何も変わりはありません。

ティオボンも善吉も、正式譲渡とか鑑札登録とかそんなことは気にしてません。
自分が愛されて大事にされているか、自分が愛している人は元気であるか、
そういうことだけをたまにちょっと気にして、のんびり暮らしています。
そういう暮らしを守っていきたいと思います。

これまで保護犬善吉を応援してくださって、本当にどうもありがとうございました。
一番の感謝は団体の仲間、心強いスタッフのみんなへ。
みなさんのサポートなしでは善吉を引き出し、育て、引き取ることはできませんでした。
それからパパとお姉ちゃん。
もちろんティオとボンボン。
他にもたくさんの方に応援していただきました。
本当にどうもありがとうございました。

16398.jpg

これからはティオ松善吉をどうぞよろしくお願いいたします!



perr dogs homeでは、たくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてくださいね♪
21:01  |  善吉  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

良かった 良かった
お気持ちよ~くわかります

出来る事は 出来るうちです

私たちは さすがに もう年で
大型犬は 無理!
カイルが最後です

この先 大型犬を家の子にしたら
その子に 人間の介護を頼まなくちゃならなくなるし・・・(笑)

元気なつもりでも やはり 年 相応に色々と・・・

善吉君 よかったね!
このさきも ブログ楽しみにしていますよ

ティオちゃん 頑張ってね
カイルも ヨタヨタと オシッコ漏らしながら 頑張ってますよ(笑)

ママさん 若い恋人が出来てよかったね o(*^▽^*)oあはっ♪
カイ・ガンまま | 2016年09月17日(土) 15:43 | URL | コメント編集

ふむふむ。と読みすすめ・・・・
私の名前が~~~~~~~~~~~
大変やきもきさせてしまいましたね。(笑)

メールは転送されるって書いたじゃないですか・・・・
転送されてきたんですよ。もちろん。
で、読みましたしお返事もしたんですよ~~~(^^;

ただ返事が自分に戻ってただけで・・・・・・(汗)

まぁ、このやきもきの期間が更に愛を深めたと思われますので、許してねん。

預かりっ子を我が子に・・私は毎回考えます(笑)
可愛くて愛おしくて、離れたくなくずーと一緒に生活したい。そんな気持ちがやはり年々強くなりますね。
「なな」も危うく我が子にするところでしたが
我が家より絶対に幸せになれる応募が来てしまった時の落胆はここだけの秘密です。(笑)

なにはともあれ、善吉さんおめでとう♪

預かりは少し休憩?ストップ??

最近は影を潜めておりますが、
少し休憩とか中型までなら・・・っとか言ってたエ○○ンに確か大型犬を預けた記憶が?
そして「この子は大型犬なの~~?」って言った記憶があります。(爆)
あれ?小型犬っと言って中型預けたんだっけ??
記憶が!!
休憩ボケかしら???(汗)


もちろん、ティオさん、ボンボンさんの体調が一番ですが(我が家も同じ状態だし)

でもね、油断して幸せボケしないようにネ。
急にセンターに行き引き出して来る女を警戒しててね♪

マロココ | 2016年09月17日(土) 23:10 | URL | コメント編集

カイ・ガンままさん☆

ありがとうございます^^
大型犬はティオが最初で最後の大冒険!と思って迎え入れたはずなのに
あれから10年もたって、もっと大きな子を迎えるとは自分でも笑っちゃいますが
今度こそ最後の最後の大チャンス!と考えて、譲渡を希望しました。

しかしレトリーバーに比べて秋田犬は大人です^^;
すでにティオより精神年齢は高いかも?!
大きな体のお世話はそれなりに大変ですが
おつきあいの仕方や心のケアなどは、レトに比べたらぐんと楽です。
これから本格的になるであろうティオの介護の良きパートナーになってくれそうです。

カイル君も一緒に頑張ろうね!!




マロココさん☆

うふふ~、ヤキモキというよりドキドキしてたんですよぉ。
「反対なのかしら?お姉様の沈黙は反対の沈黙なのかしら?」
それとも・・・
「じゃがバタや味噌ラーメンなど北の美味珍味に溺れているだけかしら?」と考えたり。
後者でしたね~。

私もマロココさんと同じく、いつも「うちの子にしちゃうか?」と本気で
シュミレーションして悩んでいました。
でもいつも良い応募があって「家にいるより幸せになれるから」と送りだしてきましたが
預かりっ子と離れるのが年々辛くなっていました。
そういう傾向は、どうも多くの人にあるようですね。

預かりは私にとって最高の楽しみですから、できなくなるのは本当に悲しい。。。
でもやっぱりこの10年我慢して私に付き合ってくれたティオに
本気で恩返しする時が来たなぁと考えています。
だから・・・
〇みりんさんのお宅に預かり犬を放りこみましょう。
それでみんなで集まって預かり犬と遊びましょう。

そろそろセンター病(?!)が出る頃じゃないですか?
脚短めの子が気になっちゃう頃じゃないですか~^^

ティオ松 | 2016年09月19日(月) 10:33 | URL | コメント編集

善吉くん、ついに本当の家族が見つかったんですね!!!
おめでとうございます!!
・・・・って。

やっぱりね~♪
なるべくしてなったというか、これはもう運命というか。
ティオさんとボンボンと善ちゃん。
私の中ではもうすでに1セット(笑)
これからもドタバタブログを楽しみにしていますよ~(^◇^)
グリママ | 2016年09月21日(水) 22:06 | URL | コメント編集

グリママさん☆

どうもありがとうございます!

あっれ~?あれれ~?
私にとってはビックリ仰天、人生でも5本指に入るくらいの大決断で
ティオ松善吉誕生はビッグニュースのつもりだったのに、誰も驚いてくれない。。。
どーしてでしょうか?
ほとんどの方がニヤニヤ笑いになって「やっぱりね」とおっしゃいます。
どうやらわたし自身より皆さんの方が私のことをよくわかっているようで。。。

ますます一貫性のないドタバタ凸凹チームとなりましたが、
どうぞ末永くよろしくお願いいたします^^


ティオ松 | 2016年09月22日(木) 16:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。